小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

前かがみの腰の痛みを解消する方法

本日は、前かがみの腰の痛みを解消する方法
についてお伝えします。
 
 
 
・物を拾う時に腰が痛い
・ズボンを履く時に腰が痛い
・靴下を履く時に腰が痛い
 
 
 
といったお悩みはありませんでしょうか?
 
 
 
 
前かがみ姿勢で起こる腰痛の中でも、
注意が必要なケースがあります。
 
それは、お尻・太もも裏・ふくらはぎ・
足の指などに痛みやしびれを伴う場合です。
 
 
痛みやしびれを感じる範囲、
筋力の低下はあるか、下肢を動かすことは
できるかなどの確認が必要にあるケースです。
 
 
腰の筋肉の状態により、
前かがみの角度や出てくる症状にも違いが出ます。
 
 
くしゃみや咳、でお腹に力をいれるといったことが
つらく感じる場合もあります。
 
 
悪化すると歩行困難になる方もいらっしゃいますので、
このような症状を伴う腰痛の場合は、一度、整形外科で、
検査をしてください。
 
 
検査に異常がなければ、原因の1つとして、姿勢が原因です。
 
 
 
 
・前かがみの腰の痛みを解消、予防ストレッチ 
 
まずは一日の中でなるべく
姿勢の良い状態でいられる時間を増やしたいですね。
 
 
 
次に腰を支える時に使われるお腹側の筋肉を伸ばしてください。
 
 
うつ伏せに寝た状態から、
両手を床に着いてヒジを伸ばしていきます。
 
 
 
急に行わないようにご注意くださいね。
 

ゆっくり伸ばして動き、
腰を反らせた状態を5秒間ほど保持してください。
 
 
 
この時、腰が反るのですが、もし違和感や
痛みが出る場合は、腰に他の問題がある可能性があるため、
中止してください。
 
 
 
お腹側の筋肉が、気持ちよく伸ばされればOKです。
 
 
1日3回行って下さい。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

仰向けに寝ると背中が痛む解消法ってご存知ですか?

本日は「仰向けに寝ると背中が痛む解消法」
についてです。
 
 

仰向けになったときに、
背中が痛むという方がおられます。
 
 
別にどこかにぶつけた訳でもないのに、
ある日突然、左右の肩甲骨の間の少し上あたりが痛くなって、
仰向けに寝るのがつらいという状態です。
 


これは、特別な病気でなければ、
胸椎(背骨)2番が歪んでいるために起こる症状です。


この痛みは、だいたい数日で自然に消えていきますが、
歪みが大きいと何ヶ月、何年でも痛みが続きます。


胸椎の歪みに限らず、骨の歪みというものは、
1ヵ所だけが歪んでいることは珍しく、
たいていは複数の場所で歪んでいるものです。



実際には、単純に骨が歪んでいるだけですので、
歪みを矯正すれば痛みや不快感は軽減していきます。
 
 

極端な歪みは手技で矯正しないと戻りませんが、
自分でも、体操などで歪みを少なくすることは可能です。
 
 
 
歪みの幅が小さくなれば痛みも軽減できますし、
柔軟体操などで体を常に柔らかく保つことは
歪みの予防にもなりますので、簡単な体操(ラジオ体操)や
ストレッチ運動などは日課にしておくと良いです。


ご注意いただきたいのは、
痛みが激しいときに急に極端な動きをすると、
余計に痛みが増すことがある点です。
 
 

その時は、まずはゆっくりとお風呂につかって体を温めて、
数日間は安静にしてください。
 
 
 
そして、様子を見てから、徐々に体操を始めてみてくださいね。
 
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

胸が痛いあなたへ!原因と改善策

本日は「胸が痛いあなたへ!原因と改善策」
についてお伝えします。
 
 
 
胸の痛みがあると、心臓病?女性ですと乳ガン?
が頭をよぎりませんか?
 
 
病院で検査を受けて異常がなければ、
 
 
胸椎(背中の骨)や肋軟骨が歪むことで、
胸に痛みが走ることは非常によくあることです。


そこで、骨の歪みを矯正すれば、
胸の痛みはその場で軽減します。


女性の場合には、やはり乳ガンではないかと
心配になる方も多いはずですので、
ふだんからあまり検査を受けていない方は、
乳ガン検診を受けてください。


毎月、生理が始まって7日目あたりに日を決めて、
自分でチェックするのも大切なことです。


胸に痛みやしこりがあって、
病院で検査を受けても
全く異常が見つからなければ、
それは肋軟骨や胸骨が
歪んでいるのが原因かも知れません。


歪みは誰にでも日常的に起こるものですので、
ふつうなら数日で治まりますが、気になるようなら、
腕を上げてグーンと伸びをしたり、
お風呂でゆっくり温まるようにすると
痛みがやわらぎますので試してみてくださいね
 
 
 
ご参考にしてください。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

股関節の痛みに最適なストレッチ法

本日は、股関節の痛みに最適なストレッチ法
についてお伝えします。
 
 
 
40~50代の女性に多い股関節痛。
 
股関節痛は関節を動かす筋肉が硬くなって痛みます。
 
人間は、2本足で立って生活していますから、
それだけでも股関節には相当な負担がかかります。
 
その股関節を支えている筋肉が疲労して柔軟性が
無くなってくると違和感や痛みを感じます。
 
 
とくに、筋力が弱い女性はこうした状態に陥りやすいです。
 
また洗濯や掃除などの家事全般は股関節にかけて
負担がかかることが多いので大変です。
 
 
股関節痛の対処法として、
まず、固まっている筋肉をストレッチで伸ばすことです。
 
 
 
 
そこで、股関節の痛みに最適なストレッチを
お伝えします。
 
 
脚の重さを利用して左右に倒して、
股関節をゆっくりと伸ばします。
 
 
 
できるだけお尻を浮かせないで行うと、
股関節を柔らかくする効果が高まる。
 
 
 
まず、
 
1.床に座ってひざを大きく開いて直角に立て、
手を体の後ろ側につきます。
上半身はリラックスしてください
 
 
 
2.右ひざを内側に倒し、
フーッと息を吐きながら右脚の重みを感じます。
 
できるだけ、お尻の右側を床につけたまま行ってください。
 
足裏は自然に浮いて良いです。
 
 
 
3.今度は逆に、左ひざを内側に倒し、
フーッと息を吐きながら左脚の重みを感じます。
 
これをゆっくり気持ち良さを味わいながら繰り返してください。
 
 
 
1日2~3回行う。(1セット左右5~6回繰り返す)
 
 
*痛みが出ましたら中止です。
 
 
一度お試しください。
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

五十肩のストレッチ!たった1分で解消

本日は、五十肩のストレッチ!たった1分で解消
についてお伝えします。
 
 
 
五十肩は、
50歳代を中心に、腕をあげたりすると
肩関節に痛みとをもたらします。
 
主症状は、肩周囲の痛みと動きの低下です。
夜間痛(就寝時の痛み)も特徴です。
 
 
原因の1つとしては、
肩甲骨の動きが悪くなっています。
 
 
肩の痛みで「手が後ろに回らない」、「つり革が持ていない」という症状に悩んではいないだろう
 
肩甲骨を大きく動かすことができれば、
肩関節にかかる負担が減り、その結果
五十肩のリスクは低下します。
 
 
肩を回して肩甲骨の動きをよくすることが重要になります。
 
 
そこで、簡単な五十肩のストレッチを
ご紹介します。
 
 

前・上・後ろと、方向を意識しながら
大きく円を描くように肩を回すことで、
肩と連携する肩甲骨のまわりの筋肉
をほぐして、肩関節の負担を減らして
いくこのストレッチ。
 
 
 
ポイントは、痛みや違和感のない範囲で
大きく肩を回すことです。
 
 
 
力が入り過ぎると筋肉は縮んでしまうので、
ストレッチの効果が半減します。
 
 
 

1、肩幅ぐらいに足を開いてまっすぐに立って、
両手は体の横で、肩は落とします。
 
 

2、左右の肩を内側に寄せるようにして前へ出したら、
そのまま引き上げてください。
 
 

3、引き上げた肩をゆっくりと後ろに回していき、
手のひらは内側へ向けてください。
 
 
 

4、そのままゆっくりと肩を落とし、
腕をスタートの状態に戻します。
 
 
5回を3セット。
 
*痛みの出ない範囲で行って下さい。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

足のむくみで痛い原因と解決法はコレ

今回は、足のむくみで痛い原因と解決法
についてお伝えします。
 
 
むくみに、なりやすい要因として、
・同じ姿勢を続けている
・運動不足
・塩分の摂り過ぎ
などがあります。
 
 
 
どうして、むくみが起こるのか?
 
通常、人の体に流れる血液は、
心臓から末端まで動脈を通じて運ばれ、
静脈を通じて心臓に戻ります。
 
 
 
つまり、血液は重力に逆らって心臓から
体中を回って心臓に戻らないといけません。
(筋肉がそのポンプの役割を担っています)
 
 
しかし、通常人の体に流れる血液が、
ちゃんと心臓から心臓まで戻らなかった場合、
そのプロセスが破綻してしまい浮腫(むくみ)の
原因になってしまいます。
 
 
では、実際に足がむくんでしまった時に効果的な
簡単なストレッチ(リハビリ)でむくみを解消する
簡単な方法をご紹介します。
 
 
 
・座ってできる、むくみ解消法
 
1、背もたれの椅子に座り
足を直角にします。
 
2、足首を上下に動かしふくらはぎの
筋肉を刺激します。
 
※目安として、上下で10回を3セット
行って下さい。
痛みが出たら中止してくださいね。
 
 
このストレッチを定期的に毎日することで、
むくみ解消につながっていきます。
 
 
ご参考にしてください。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

歩くと痛いくるぶしの痛みの原因って?

本日は「歩くと痛いくるぶしの痛みの原因って?」
についてお伝えします。
 
 
 
 
くるぶしあたりがピリピリ痛む


この症例はあまり知られていませんが、
くるぶしのあたりがピリピリ痛む
という方がいらっしゃいます。
 
 
 

この症状の方の多くは腰痛持ちで、
ほとんどの場合、このピリピリ感は右足
に出るのが特徴です。
 
 
 
何らかの原因で、
胸椎12番が左に歪んでいるため
その真下に位置する腰椎1番が右に
歪んだ形となっているのが原因です。
 
 

通常なら、左に歪んだ胸椎12番が
神経を圧迫して痛みやしびれの症状を出しますが、
この場合は、その下に位置する腰椎1番が右に歪むことで、
右足に向かう神経を圧迫して症状を出しています。
 
 

骨がズレて神経を圧迫しているのですから、
歪みを矯正すれば、くるぶしのピリピリとした
痛みは即座に楽になっていきます。
 
 
 
それと、以前に足の骨折、ねん挫などの、
古傷も足の関節が歪んでいることが多いです。
 
 
 
なので、足関節は左右のバランスを調整する
事が必要です。
 
 
 
しっかりバランスを整えないと
関連して膝などにも痛みが出たりします。
 
お気を付けください。
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

足の親指の痛み解決策って?

本日は「足の親指の痛み解決策」
についてお伝えします。
 
 
 
足の指が痛い、病院では痛風
(尿酸値が少々高め、アルコールがお好きな方)
と診断されます。
 
 
 
 
しかし、痛みの度合いや腫れ方から判断しても、
どうも痛風ではなさそうな方もいます。
 
 
 
痛風ではない場合は腰椎の5番目と、骨盤が歪んでいます。

これは単に、歪みによって刺激された神経が、
足の指に痛みを出しています。
 
 
 
腰から足へも神経はつながっていますので、
これは決して珍しい症例ではありません。
 
 
 
歪みを矯正すれば、足指の痛みも軽減します。
軽減すれば原因は痛風によるものではありません。



痛風の疑いもなく、なぜか足の親指に痛みが
少々出ているという方は、ある程度の歪みであれば
矯正できますので、しっかり腰を伸ばして、
等間隔で一歩一歩に力を入れて歩いてみてください。
 
 

もちろん、痛みが激しい場合には、
痛風だけでなく骨折なども考えられますので、
必ず病院で検査してもらってくださいね。
 
 
ご参考になさってください。
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

背中の不快なコリの改善策ってご存知ですか?

本日は「背中の不快なコリ改善策」
についてお伝えします。
 
 
 
・背中に不快なコリがある
 

                     
睡眠不足でもないのに、何となく疲れやすく、
気分が重くてスッキリしない時がありますよね。
 
 
具体的には、肩甲骨と背骨の間の部分に
だるさや凝っているような不快感があって、
それが一日だけではなく、いつまでも続く
という方がたくさんおられます。
 
 
この症状で病院に行っても、
特別な病名がつくわけではありません。
 
 
原因にしても、疲れやストレスでしょう
と言われるだけだと思います。
 
 
実はこれは、肩甲骨が
外側にズレてしまっているのが
原因で起こる、ごくごく一般的な症状なのです。
 
 
この肩甲骨という骨は、意外にズレやすいもので、
重いカバンを肩にかけたり、重いものを片手で
持っただけでもズレますし、吊り革へのつかまり方が
悪くても簡単にズレてしまいます。


肩甲骨を矯正して、きちんと元の位置に
戻してやれば、不快感は軽減します。


自分で治すなら、両手を背中側で組んで、
肩甲骨を中(背骨側)に寄せるような
ストレッチをするといいですよ。
 
 

実は、この肩甲骨のズレが五十肩の
原因になることもあります。
 
 
肩甲骨を寄せたり、腕や肩をグルグル回すのは、
五十肩の改善や予防にもなりますから、
毎日やるようにしてください。
 
 
今は20代でも五十肩になる時代です。
 
 
若い方もこの矯正体操や運動は
日課にしておくといいですよ。
 
 
ご参考になさってください。
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

坐骨神経痛の真の原因はコレ

本日は、坐骨神経痛の真の原因はコレ
についてお伝えします。
 
 
 
坐骨神経痛の原因は、お腹の奥のほうにある
「大腰筋」という大きな筋肉が重要です。
 
 
大腰筋がちぢんでいると、腰のあたり骨もゆがみます。
 
 
その結果、腰の周辺の神経が圧迫されたり、
伸ばされて痛みやしびれを感じるのです。
 
 
このような痛みや不調を取り除くには、
姿勢が大切になります。
 
 
姿勢も腰に負担がでない良い姿勢です。
 
 
 
〈良い姿勢〉でいる時間が長ければ、身体が本来持っている
「自然治癒力」によって骨盤が安定し、健康な状態のまま維持できます。
 
 
 
しかし、姿勢の悪い人は、つねに身体がゆがんだり、
ねじれたりしているので、骨盤の安定もなく自然治癒力
だけでは治らないのです。
 
 
 
ですから、普段から良い姿勢でいることが必要なのですが、
じつは良い姿勢は自分で気にしているときしかできません。
 
 
 
なぜなら、姿勢が悪い人は身体の至る所、
とくに大腰筋に凝りがあり、そういう人が良い姿勢を
作ることは不自然な体勢だからです。
 
 
 
良い姿勢を“普通”の状態にするには、身体中の歪み、
とくに大腰筋のちぢみ取り除く必要があります。
 
 
一度専門家にご相談してみてください。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!