小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

以外と知らない腰痛に効果のある食べ物!?ってご存知ですか?

腰痛を予防するために何をしていますか?
腰痛体操ですか?
 
毎日腰痛体操をやっているけれど、どうにも歳なのか
軟骨がすり減って身体中がぎしぎし言うんですよ。
 
確かに腰痛体操では軟骨が増えるわけでもないし、
どうにもなりません。
 

こうなってくると内側から鍛える以外の方法も考えなくてはならないのかもしれません。

 
腰痛を予防するためには、他に何をすればいいのでしょうか?
 
内側からとなると、あとは食べ物になるのかもしれませんね。
 

 

食べ物となると腰にいいといわれるのは、ネバネバした食べ物です。
 
オクラ、納豆、ヤマイモなど、ネバネバとしたものの中には
ムコ多糖類というものが 含まれており、これは骨と骨の間の
椎間板の構成成分の一つでもあります。
 
ネバネバ食品を食べることで、痛みを取る効果は期待できませんが、
椎間 板の材料となる成分を摂取して関節の回復を期待出来るということですね。
 

 

 これら腰や関節にいいとされる成分を摂取することと、
腰痛体操などを兼ね合わせて行うことで腰痛をばっちり予防、
改善が期待できるかもしれませんよ。
 

ご参考にして下さい。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛!骨盤の歪みは壁と床を使う体操で取れるんですか?

骨盤が歪んでいたり、傾いていたりすると腰痛が酷くなります。
 
その骨盤の歪みを少しでも減らし、腰痛を押さえたり、
腰痛を解消するための腰痛体操です。
 
 
まずは仰向けになるのですが、硬めの床の上に寝転がってください。
 
ただし、硬すぎるのも腰によくないので、絨毯などが敷かれた床の上がいいです。
 
そうした床の上に仰向けに寝転がりましたら、
その状態から膝を曲げる様にして少し持ち上げます。
 
そのまま背中はつけたままにしてくださいね。
 
床に寝ることで骨盤の位置がより分かりやすくなったかと思いますが、
この骨盤を持ちあげる様にします。
 
床からお尻が浮くように、肩と足の裏は床につ けたまま、
お尻だけをくっと持ち上げます。
 
これを10秒くらいを、ゆっくりと5回程行ってください。
 
次は壁に背中をつけてみましょう。
 
背中、お尻、肩、ぺったりとくっつけてくださいね。
 
背中は特に腰などは少し浮きますがが、それで大丈夫です。
 
その ままかかとだけは20cmくらい壁から離してください。
 
そのまま、ぐーっとお腹に力を入れ、腰を壁に押し付けるような動きをしてみましょう。
 
これを5秒間 力を込めては緩めます。
 
3回繰り返します。
 
これで骨盤の歪みは取れ、背筋の緊張が緩み、腰のそりが減るでしょう。
 

もし痛みが出たら腰痛体操は中断し、身体を少し休めるところまで一旦戻りましょうね。

 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛!親知らずを抜いたら腰痛が治った!?

歯の健康。
 
実を言う と腰痛にも密接な関係があります。
 
顔も歪んだりします。
 
ある時、かがみで顔を見ると、 
若干片方の頬が腫れているような気がします。
 
「もしかしたら虫歯かな?」と思い、
歯医者さんへ。
 
そこで医師から告げられたのは親知らずです。と。
 
痛みがなければ気がつきません。
 
先生からは、取らないと横に生えてきているから問題と言われ、
急きょ親知らずを取る事に。
 
親知らずを 取ってみて驚きです。
 
親知らずを取ったら腰痛が楽に。
 
仕事の激務で、疲労のため仕方ないと諦めていた腰痛がです。
 
それから一週間。
 
頬の腫れが引いてきたのと同時に、腰の痛みが全くなくなってしまいました。
 
これは一体何故なのか?
 
元から歯の健康というのは、狂ってしまうことで、
歩けなくなる場合があります。
 
親知らずにより腰痛が発生、更にはこれを取り除くことで改善された。
ある意味、当然の流れだったわけですね。
 
ですから日頃から体のメンテナンスは隅から隅まで行うことですね。
 

歯の一本一本までもですよね。

ご参考にしてください。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

座業に腰痛はつきものです!予防する方法を知りたくないですか?

レジ打ちのアルバイトは立ちっぱなしで脚と腰に疲労が蓄積します。

 
事務職の人は座りっぱなしでたまに立つと膝が痛い、 腰は常に痛いなんて言います。
 
重い荷物を持って歩く農作業職の人はもっと大変です。
 
 
こうなる前に予防方法があれば、これが本音なのではないでしょうか?
 
 予防というのであれば、対策方法ではなくて実際に
どのようにしてそれを防ぐかが重要なわけです。
 
実際に病院に行くと、「腰を支える筋肉は、お腹と背中の筋肉ですよ」
お医師さん曰く、腹筋、背筋を鍛えることで、腰のあたりは随分と楽になるとおっしゃいます。
 
勿論、既に腰痛を抱えている人にとっては、無理はできませんが、
実際に腰痛を抱えている人が筋肉を鍛えた結果、随分と腰 が楽になったと
いう話しはあります。
 
そして病院などで配られているパンフレットの中には、腰痛体操というものもあります。
 
体操で腰痛もを予防も期待できます。
 
一つの方法として、30分~1時間に1回 背伸びをしてみてください。
これだけでも一時的に骨盤から背骨の筋肉が緩み腰の疲労が溜まりにくくなり
腰痛の予防につながりますよ。
 
あくまでも、すべての方にとは言いませんが、
一度お試しいただいて、腰の調子がいいようでしたら、

続けてみてくださいね。
 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

妊婦さんの腰痛!運動は必要ですか?

妊婦さんは妊娠時期、特に後期は腰の痛みと戦わなければなりません。

 

妊娠後期は体重の増加がもっとも多く、

 多い方で15kg程度の体重増加があります。
 

これだけでも相当な負担が腰にあります。

 

妊娠さんによって体重が増えると、

 どうしても妊婦さんは姿勢が悪くなっていきます。  

 

 母体にかかる負担から妊婦さんを守るために、  

きちんとした姿勢が重要になります。

   

これだけ重くなる腹部と、その荷重がかかる腰ですが、
これを守るために、妊婦さんに求められるのは適度な運動です。

  

何故なら女性ホルモンの増加により筋肉やじん帯が緩み、
それにより腰への負担が増加します。


ですがそれらを更に痛めつけるのは運動不足による
弱った筋肉が追い打ちをかけるのです。

 

 筋力が低下したところに更に筋肉が痛み、関節に更なる負荷がかかります。  

 
 
そしてより大きな負担を腰にかけてしまうという、
こうした図式が出来上がってしまうのです。


ですから適度な運動は必要になります。

 

 辛いでしょうが自分の身体のためでもありますし、
出産後の腰痛が酷くならないためでもあります。


ご参考にしてください。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

思い物を持ってぎっくり腰にならない方法をご存知ですか?

よく「重い物を持ちあげようとしてぎっくり腰になった」  
というのは聞きますよね。
 
では何故、重い物を持ちあげたくらいでなるのでしょうか?    
実は、ぎっくり腰になってしまう人には理由があります。    
 
ズバリ、持ち上げ方が悪いわけです!
 
実は重い物を持ちあげる時、人は腕の力だけで  
持ち上げようとしてしまいがちなのですが、 
 
それって腕の力じゃなくて、腰に思いっきり負担をかける、 
腰を使う持ち上げ方なんです。 
 
ですから腰に負担のかからない持ち上げ方をすることで、  
ぎっくり腰は未然に防げるということなのです。

腰に負担のかかる持ち上げ方は、膝が伸びて重い物を体から離して

持ちあげる持ち上げ方です。 

 

腰に負担がかからない持ち上げ方は、 

腿の裏を意識して持ちあげることです。

 

ポイントは、まずお尻を後ろに突き出し 

腿裏がストレッチされていることを感じます。

 

 次に股関節から体を折り曲げてから、

膝を曲げて物を掴みます。

 
*先に膝を曲げてしまうと、  

お尻が下がり、うまく脚の力が使えません。
 

 最後に脚を伸ばす力を使って立ち上がります。  

*踵から踏み込んで脚の力を使って立ち上がります。

  するとなんだか楽に持ち上げられている気がしてきませんか?  

 
こうして重い物をちょっと工夫して持ちあげることにより、  
腰をぐきっ!とやってしまうこともありません。
 

 何度もぎっくり腰を繰り返すとヘルニアなどになりかねません。   

腰にいい生活を心がけてみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただき有難うございました。


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアを改善するストレッチ

※注意点として痛みがあれば中止してください。

まずうつ伏せになります。
この時点で腰に痛みがあれば、
中止してください。


・腰を反らせる範囲の狭い人向きです。
うつ伏せの状態から肘立てをしながら
息を吐きながら腰を少し反らします。
痛みがなければ10秒間保持します。

10秒保持したら最初のうつ伏せに戻ります。
呼吸は止めないでください。
これを10回繰り返します。


・次は腰を反らせる範囲が大きい人向きです。
うつ伏せの状態から、息を吐きながら
肘を伸ばして大きく上体を反らします。
反らした状態で3秒保持します。

3秒保持したら元のうつ伏せに戻ります。
呼吸は止めないでください。
これを10回繰り返します。


※1日10回を起床時、お昼、就寝前と
痛みが悪化しない限り3セット目標に、
先ず1週間行って下さい。

調子が良ければまた1週間、さらに2週間、
3週間、1ヶ月と増やして行ってみてください。
個人差はありますが、腰のヘルニアの神経圧迫の
痛みの軽減が期待できます。


本日も最後までお読みいただき有難うございました。


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

守山区 ぎっくり腰(歩行困難)男性 37才 内装業

【来院動機】
子供を抱っこしたら腰に激痛が。お姉さまのご紹介で来院。


【初回の状態】
・骨盤のゆがみ(仙腸関節の可動域制限)
・脊柱筋硬結



①何か思い当たる原因は?
2年ほど前から慢性的に腰が痛くなりました。
仕事中の姿勢も悪いと思います。

②どのような時(姿勢とか動き)に痛いですか?
・車の運転
・歩くと痛い
・仕事中も痛くて辛い



【施術課程と結果】
初回施術。
骨盤のゆがみを集中して施術。続いて背骨のゆがみと股関節を調整して終了。
*施術後は歩行も楽になられる。

2日目(3日後)
*痛みもまだ若干あるものの仕事も楽になられる。

本日も骨盤から調整し、背骨、股関節、足関節を調整し終了。

3回目は(1週間後)
*痛みはほぼ無し。

4回目以降は1週間から3週間間隔の合計6回の施術で痛みが戻らなくなり卒業。


【考察】
自営の内装業のお仕事をされ、仕事中は体勢が不十分だそうで、腰を含め体のバランスも悪くなっていました。
今回も患者様自身が、何処にゆがみがあって腰に痛みが出てくるのかと、ご理解されましたので後はお伝えした日常の生活、体の使い方などを気を付けられれば腰に関する痛み予防になります。ぜひ意識して行って下さい。
改善されてよかったです。。


本日も最後までお読みいただき有難うございました。


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

守山区 坐骨神経痛(歩行困難)女性 41才 主婦

【来院動機】
朝、腰に激痛が。腰痛専門院のホームページを見て来院。 


【初回の状態】
・体が九の字に曲がった状態。
・骨盤と背骨の硬結



①何か思い当たる原因は?
元々坐骨神経痛の腰痛があり、今までに3~5回程、腰に激痛の経験あり。
今回は子供を抱っこした時に痛くなりました。

②どのような時(姿勢とか動き)に痛いですか?
・ベッドから起きられない。
・子供を抱っこする時。
・歩く時に痛みが出ます。



【施術課程と結果】
初回施術。
立った状態で、骨盤から調整。
その後、座った状態、寝た状態で腰部、股関節を調整して本日終了。
*歩行が楽になられる。

2回目(2日後) 
*起きるときの痛みが減る。
施術。
骨盤、腰部、背部、足関節までの調整。

3回目(4日後)
*子供の抱っこも出来るようになられる。
施術。
骨盤調整後、全身バランス調整で終了。

4日目以降は1週間から2週間、3週間間隔で合計10回の施術で症状が戻らないお体になられましたので本日で卒業です。


【考察】
小さいお子様がお2人おみえで、育児の疲れがお体全身に出て体が歪みお辛い状態でした。
お伝えした日頃のお体の使い方無理のないストレッチで健康維持をしてくださいね。


本日も最後までお読みいただき有難うございました。


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

名東区 腰椎椎間板ヘルニア(慢性腰痛)女性 46才 老人介護職

【来院動機】
30代の頃に整形外科で椎間板ヘルニアと診断され日頃から慢性的に腰の痛みは感じていました。3日前に物を持ち上げた時に腰に強い痛みを感じ整形外科で痛み止めの注射を打ってもらい仕事を続けていましたが痛みが引かず、仕事も家事も困難になりホームページを見て来院。


【初回の状態】
・骨盤のゆがみ(仙腸関節の可動域制限)あり
・脊柱筋硬結


①何か思い当たる原因は?
慢性腰痛で仕事の疲れが溜まっていたと思います。


②どのような時(姿勢とか動き)に痛いですか?
特に、体を目に屈めないのでズボンも靴下も履けないです。
体を真っすぐにできない。
歩くとズキンズキンと腰に響いて痛い。



【施術課程と結果】
初回施術。
座ることも困難であったので、立った状態で骨盤を調整。
仙腸関節の可動域が良くなり、先程より歩行が楽になられ患者さんも驚かれる。
再び今度は座った状態で骨盤と、背骨を調整し最後は足関節の調整で日頃のストレッチ法をお伝えし本日終了。


2回目(3日後)
*激痛は治まり仕事も大分楽になられる。
本日も骨盤を調整し、全身調整で終了。

3回目以降は5日から1週間、10日、2週間と間隔を空け、合計11回の施術で腰の痛みも家事も仕事中も気にならなくなられ次回からはメンテナンスに移行で本日終了。



【考察】
以前は腰にコルセットを巻いてお仕事をされてましたが、今は撒かなくても大丈夫になられ良かったです。
お仕事もハードワークですので日頃からお伝えした体の使い方、セルフストレッチをされ疲れを溜めないようにお過ごしください。




本日も最後までお読みいただき有難うございました。


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!