小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

腰痛ヘルニアの中腰姿勢で痛い改善方法

本日は、腰痛ヘルニアの中腰姿勢で痛い改善方法
についてお伝えします。
 
 

こんなお悩みはありませんか?
 
 
「中腰をしていると腰が痛い…」
「中腰から立ち上がる時に腰が痛い…」
など。
 
 
その症状、実は”お尻の筋肉”が原因の1つです。
 
 
 

それでは、中腰の腰痛を引き起こすお尻の筋肉は?

中殿筋という筋肉です。

 
 
 
 
中殿筋は股関節を外に開く作用を持っており、日常生活で言えば
歩行、座っている状態、立ち上がる時、運転中などいろんなことに働いています。
 
 
そのため、たくさん使う筋肉ですので、その分硬くなりやすい筋肉です。
 
 
ではなぜ中殿筋が中腰の腰痛を引き起こすのか?
 
 
中腰ということはお尻の筋肉は伸ばされます。
 
 

骨盤はお尻の筋肉によって後ろに引っ張られますが
上半身はそれに伴い前に体を倒している姿勢が中腰です。
 
 
そのため、お尻の筋肉が硬いと中腰をした時に
うまくしゃがめないので、腰の筋肉を使って無理やり中腰を行おうとします。
それによって腰の筋肉が伸ばされすぎて痛みが出ているわけです。
 
 
なので、硬くなった中殿筋を緩めないと根本から改善できません。
 
 
それでは、中殿筋を緩めるストレッチをご紹介します。
 
1、まず、椅子に座ります(両足は90°)
 
2、痛い側の足をもう片方の上にあぐらをかく感じで乗せます。
  4の字の状態です
 
3、その4の字の状態から上半身を前に少しづつ倒してください
  するとお尻の筋肉が伸びてくると思います
 
4、その状態を15秒行ってください
 
 
1日2回を目安に行って下さい。
 
 
中腰が楽になってきますよ。
 
 

本日も最後までお読みいただき有難うございました。





初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛の原因が便秘と下痢って知っていますか?

今回は腰痛の原因が便秘と下痢って知っていますか?


便秘や下痢がなぜ腰痛と関係するのかと言いますと。

まず、便秘や下痢が起こりやすい原因としましては、

便秘は、運動不足、水分の不足、姿勢の歪み、夜更かしをしているなどです。

下痢は、日頃のストレス、刺激物の飲食、睡眠不足などが一般的な原因です。



便秘はS状結腸と下痢は回盲部という部位が関係していますので、その部分が硬く緊張したり、
筋肉や筋膜、隣接している内臓との癒着などで機能が低下し便秘や下痢になります。

腰痛との関係性は、S状結腸や回盲部の筋肉・筋膜との癒着にあります。

S状結腸と回盲部は骨盤の中ある筋肉の大腰筋や腸骨筋に近いところに位置しているので、
癒着が起こると、筋肉が緊張し、特に大腰筋は腰椎の前面に付着していますので、腰に負担がかかって、
腰痛に繫がります。



腰痛でも思っていないところに原因が隠れているかもしれません。

お腹もケアも必要です。
 
 
整体でも全身の調整はもちろん内臓系も調整しますので腰の辛いが取れない方、一度調整してみてはいかがですか。
 
 
 
整体施術では全身の骨格、筋肉の調整はもちろん内臓系も調整しますので、
腰痛でお悩みも方は、お近くの専門院で一度調整してみてはいかがですか?
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 



〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

身体の歪み坐骨神経痛の原因!歪まない座り方

今回は身体の歪みは坐骨神経痛の原因!身体が歪まない座り方についてご紹介しますね。

 
 
正しい正座では骨盤はゆがみません。
 
あぐらも骨盤を起こして座る、交互に組み替えることで歪みはでません。
 
 
長座は骨盤を起こして楽に背筋を伸ばせるならいいですが、
 
丸まるなら無理しないほうがいいでしょう。
 
ゆがみにくい、曲がりにくい座り方です。

 
 
正座の正しい座り方。
 
 
正座の状態から一度膝立ちします。

このとき骨盤が適度に起きて腰が入った良い姿勢に近くなります。

そのまま上体は崩さず、おしりを下に下ろします。

 
 
そしてやや前傾気味に。その角度は、腕をたらしたままで
 
肩が一番上下する位置に微調整します。
 
 
そして恥骨のすぐ上、丹田の下縁の1点にあたる部分を意識しておきます。

このときリラックスし、かつ良い姿勢なのでほとんど疲れず座り続けられます。
 
しびれる人はときどきつま先をたてるといいですね^^

 
椅子坐も、骨盤や上体の角度、意識のしどころは大体同じです。
 
 
実際に軽く前後又は左右から軽くゆっくり押して安定度を
 
チェックしてもらうのもいいですね。きちんと座れていれば
 
その姿勢でいるだけで押す力を受けつけません。

何も意識していない状態と比べるとよりわかりやすいでしょう。



 
一度お試しくださいね。
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。

 




初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛の原因!身体が歪まない立ち方

それでは、今回は「腰痛ヘルニアの原因!身体が歪まない立ち方」を ご紹介します。
 
 
 
お体の歪みを気にされる方も多くなりましたね。
 
体の歪みは、肩こり・腰痛などを引き起こしてしまいます。

 
 
 
 
普段の生活で無意識にとっている悪い姿勢が、
 
体を歪ませるもっとも 大きな原因です。
 
体のバランスを均等にしていれば、体は歪みにくくなります。
 


 
バランスのよい姿勢を身につける一番のポイントは、

「正しい姿勢を体に覚えさせること!」
 
 
最初は意識して行いましょう^^

 
 
 
体が歪まない立ち方

横から見た時に、「耳・肩・腰(股関節)・くるぶし」が
一直線に並んでいるのが正しい立ち方です。
 


・頭・・・頭を上から糸で、引っ張られてる感じで背筋を伸ばす。
・肩や腰・・・正面から見た時に、両肩・両腰の高さを同じにする。
・お腹・・・お腹はひっこめる。
・足・・・両足を均等に体重をかける。

 
 
 
 
日々のワンポイント!

毎日3分間、壁に後頭部・肩甲骨・お尻・かかとの4点を
つけて立って下さい。
 
きつい場合は最初1分位からやってみて下さいね^^
 
 
これが、体の正しい姿勢。これを体に覚えさせてみてください。
 
テレビを見ながらでも、やってみてね^^
 
 
一度、お試しください。
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 



〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアの原因!自分の身体の歪みを知る方法

今回は「腰痛ヘルニアの原因!自分の身体の歪みを知る方法」について
ご紹介いたしますね。

 
 
身体の歪みは腰痛ヘルニアの原因の1つです。
 
 
日頃ついつい悪い姿勢をとっていることが多いと自覚はしているけれど、
 
その影響が体にどれぐらい出ているかわかる人は少ないと思います。
 
自分で簡単に体のゆがみの傾向をチェックできる方法があります。
 
チェックの仕方
 
さっそく試してみましょう。

 

 

チェック方法


1、

あお向けに真っ直ぐ寝て全身をリラックスさせ、両足を少し開きます。

このとき足先が、左右どちらがより外側に開いているかを観察してみましょう。

他の人に見てもらうのが一番ですが、

1人の時は頭を軽く上げて自分で見てみます。

 
 
 

2、

あお向けに寝てそのまま膝を曲げ、両足の裏を軽く合わせます。

膝が開く格好になりますが、どちらの膝がより外側に開いているでしょうか?

 

 

3、

普通に歩いているところを他の人に見てもらいましょう。

真っ直ぐ前、または後ろから見て、どちらの足先がより

外側に開いているでしょうか?

 

 

4、

うつ伏せに寝てつま先をピンと伸ばした時、他の人から見て、

どちらかの足がより長く見えることがあります。どちらの足が長く見えますか?

 

 


判断

「右の方」が3つ以上あった、

あるいはその1とその2が右の方だった場合

  • 右骨盤高位

右側の腰が左側より高くなっているパターンです。ウエストライン、


お尻などが微妙に右に上がり、逆に肩甲骨や肩のは

右側が下がっていることが多いのです。


このため、背骨の腰の部分(骨盤のすぐ上)が左に曲がってしまいます。

 
 
 

「左の方」が3つ以上あった、あるいはその1と

その2が左の方だった場合

  • 左骨盤高位

上記の説明とは逆ということになります。

その1とその2が右と左に分かれた場合

  • 脊柱彎曲型

脊柱(背骨)は前後にゆるやかなS字カーブを描くのが普通ですが、

このS字のカーブがきつくなると、チェック1は左側、

2は右側となるケースが多く、逆S字カーブの場合はその逆となります。

 

さらに、どちらかの開きが極端に大きいときは

「骨盤高位」もあることが考えられます。

 
 

おわりに

身体の歪みはそのままにしておくと、肩凝り、腰痛、冷え性、

顔のむくみ、集中力・記憶力の低下など、

さまざまな症状を引き起こします。

 


次回は自分でできる簡単な身体が歪まない

方法をご紹介いたしますね。

 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。






初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 



〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

10代に多い腰痛の原因と対策

本日は、10代に多い腰痛の原因と対策についてお伝えします。


この年代のスポーツ時に起きやすい腰痛として「腰椎分離症」というものがあります。

この腰椎分離症は10代の骨の強度がまだ未熟な年代に発症しやすいもので、
簡単に言えば腰の骨の疲労骨折です。

腰椎分離症はスポーツ中に腰を反ったり、捻ったりすることを反復して行うことで、
腰椎の椎弓という部位に骨が接触し、徐々に骨が中から折れていきます。これが腰椎分離症です。



では何故、腰椎分離症(疲労骨折)になるのでしょうか?
それは、下肢(股関節が動けてない為、身体を使った時に腰が動きすぎてしまい、
腰の筋肉に疲労が溜まり腰椎分離症になりやすくなります。




ただでさえ筋が張りやすくなっていますので、「ストレッチ習慣をつける」ということが大切です。

部活などでは時間が限られているせいか、体のケアが疎かになっているケースも少なくないようです。

練習前や自宅で自主的に取り組むことも大切です。

ストレッチの仕方・部位などは、専門家にきちんとした指導を受けるのをお勧めしますが、
なかなか治療に行く時間がないという方は、次のことを守って下さい。
 
・ 強い痛みを出さない。
・ 呼吸を止めない。
・じっくり待つ。・・・1箇所短くても30秒はキープしてください。

 


「イチロー選手」
 
イチロー選手がよく行なっているストレッチのことです。
・四股を踏むような姿勢をとります。この時にしっかり胸を張り、お尻を後ろに突き出し、骨盤を立てるように意識します。
・息を吐きながら、片方の肩を前に入れて、胸を捻り、この時に両方の肘がしっかり伸びているようにしてください。
・息を吸いながら、元の位置に戻り、反対も同様に行います。
これを右、左、右、左と10回行ってください。

このようにストレッチして胸郭と背骨を常に柔軟な状態にすれば、腰の負担の軽減も期待できます。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアの再発・悪化を防ぐ方法

今回は腰痛ヘルニアの再発・悪化を防ぐ方法についてお伝えします。
 
 
 
腰痛ヘルニアは腰の痛みだけでなく、脚のシビレも伴う深刻な病気です。
 
しかし、腰痛ヘルニアは自己管理を行うことで再発と悪化を防ぐことが可能になります。
 
今回は腰痛ヘルニアを再発と悪化を防ぐ、対策をお伝えしたいと思います。
 
 
 
 
まず仕事や私生活で腰が曲がる動きや姿勢を考えて下さい。
 
・中腰で思い物を持ち上げない
・中腰で床の掃除を行ったり草むしりなどは避ける
・デスクワークを長時間行わない
・あぐらのままで、長い時間本を読まない
・長い時間ソファーに座りながら同じ姿勢で本を読んだりテレビを見ない
 
 

 
この生活の共通点として、中腰姿勢と座り姿勢とです。
これらの姿勢を仕事や私生活で長時間とってしまっている人は、
腰痛ヘルニアの症状が再発、もしくは再発してしまうリスクが高くなります。
 
 
同じ姿勢を長時間取り続けるとなぜいけないのかと言うと、
 
腰の椎間板や、関節の軟骨やじん帯は、体を起こして、重力下で動いてる場合は、常に負担がかかっています。
 
さらに腰が曲がり、椎間板がつぶれ、背骨の後ろのじん帯が伸ばされます。
 
 
この状態が長時間続くと、椎間板やじん帯は少しずつ変形していきます。
 
この負担の積み重ねと、加齢による組織の強度が弱くなることも重なり、のちに腰のヘルニアへと発展してしまいます。
 
つまり、同じ姿勢をとり続けると、その姿勢に合うように骨や椎間板、じん帯も変形していき、
いずれ腰のヘルニアを含む腰の病気へと発展しまう可能性があります。
 
そのため、長時間同じ姿勢をとることを避けて、適度に姿勢を変えることが重要になってきます。
30分に1回位、気持ちよく背伸びをしてリセットしてみてください。
疲労も溜まりにくくなりますよ。
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

生理時の腰痛対策って?

今回は、生理時の腰痛対策についてお伝えします。
 
 
 
生理時の腰痛は、女性特有のものですね。
 
痛み止めで毎月の痛みや辛さをしのいでいる状態の方も多いのではないでしょうか。
 
 
生理痛の主な原因は、生理の時には要らなくなった子宮内膜が剥がされる時に
出される痛み物質が分泌されることが関係するといわれます。
 
さらに、要らなくなった子宮内膜を押し出すために子宮が収縮する際、
冷えなどで子宮が硬いと収縮がうまくできずに痛みの原因にもなります。
 
 
 
今回は、生理時の腰痛の緩和につながる骨盤のケアです。
 
骨盤ケアは股関節をしっかり動かすことが大切ですので、
足の付け根や股関節を開く動きをし、骨盤がスムーズに開くことで
生理時の腰痛を緩和できます。
 
 
スッキリ経血を排泄し、生理時の腰痛を緩和するための子宮メンテナンス術としての骨盤ケアです。
 
 
1.仰向けになって、足裏を合わせて膝を両サイドに開いてリラックスします。
2.股関節を開くのが辛い方は、膝下にクッションやタオルを入れてください。
3.両手を擦り合わせて、その手を下腹部において、目を閉じてゆっくり深呼吸をしてください。
4.身体全身の力も抜いて呼吸をしながらリラックスしましょう。
 
 
とにかくリラックスしながら行うことが大切です。
リラックスできる音楽を聴きながら行っても良いですね。
 
1日1回でも2回でもご自分の体調に合わせて行ってみて下さい。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
 
 


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛でお風呂の効果ってご存知ですか?

腰痛でお風呂の効果ってご存知ですか?についてお伝えします。
 
 
 
まずはお風呂が効果的な腰痛とは?
 
腰痛にも様々な腰痛がありますので、腰痛により原因も異なりますから、
お風呂も全ての腰痛に対して効果も様々です。
 
腰痛でお風呂の効果とは、温かいお湯に浸かることで、
全身の筋肉が柔らかくなること、それにより血液の循環がよくなることで、
痛みの緩和や疲労回復といった効果が得られることです。
 
 
例えば、腰の骨同士の関節が原因で起こる腰痛が、
この腰痛に対しては、温熱の効果はそれほど期待できないかもしれません。
 
その他にも、腰痛ヘルニアや脊柱管狭窄症などの神経の
圧迫により生じる腰痛に対しても効果的には薄いです。
 
 
しかし、腰の筋肉の硬さが原因で起こっている腰痛には
かなりの効果が期待できます。
 
生活や仕事の中で腰を酷使するような生活を送っていたり、
急に運動(スポーツなど)をすれば、腰の筋肉は硬くなります。
 
一時的の筋肉の硬さにより、お尻や脚のしびれなどの腰痛もありますが、
この様な筋肉の硬さは、温めることで緩みます。
 
緩まれば、筋肉の硬さが原因で出ていた痛みやしびれは改善されます。
 
 
しかし、腰を打撲(打ち付けたり)、強い衝撃により筋肉自体を
損傷したことによる腰痛は、炎症を生じている可能性がありますので、
最初はアイシングなどで冷やして症状が徐々に治まっていけば、お風呂での
効果はあります。
 
 
結論としましては、腰痛によって改善する腰痛と改善しない腰痛が
ありますが、どの腰痛でもお風呂で温まることはで基本気持ちが良いので、
お勧めではあります。
 
 
本日は以上です。
 
最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

ぎっくり首の対処法ってご存知ですか?

今回は、ぎっくり首の対処法についてお伝えします。
 
 
まず、ぎっくり首になったら、やってはいけない事。
 
 
・患部を揉む
筋肉が損傷していますので悪化します。
 
・患部を冷やす
温めて血行を良くした方が治りは早いです。
 
・患部(首を)回し過ぎる
痛みが強い場合は痛くて回せませんが、
痛みが弱くても回し過ぎは首の損傷を悪化させます。
 
・痛め止めの薬を飲む
余程緊急な場合は致し方ありませんが、
必要以上に飲む事は避けた方が良いです。
痛み止めは痛みを麻痺させて一時的に動けるように
してさらに悪化させます。
 
 
 
ぎっくり首を悪化させない方法
 
・首を痛みの出ない範囲で少しずつ動かす
まずは2~3日安静にして痛みが和らいできたら
痛みが出ない所まで動かすと改善が早いです。
 
・首を温める
最初の2~3日が過ぎたあたりから、
なるべくあっためるようにしましょう。

お風呂に入るのもと良いです。
 
 
 
ぎっくり首の予防法
 
・姿勢を気を付けて
パソコンやスマホなど同じ姿勢を続けないことです。
関節や筋肉が硬く身体の動きが悪くなり急な痛みを誘発します。
 
・いきなりの動きに注意です
咳やくしゃみをいきなりすると、
首にかなりの衝撃が加わり痛みを出す場合があります。
 
・首を冷やさない
冷えもぎっくり首には良くありません。
関節、筋肉が硬くなります。
冬の寒さ夏の冷房などは対策が必要です。
 
ホッカイロなどで対応させると良いです。
 
 
ご参考にしてみてください。
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 



〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!