小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

坐骨神経痛を予防する!?②

坐骨神経痛を予防する②
 
今回は簡単にできるストレッチや運動をお伝え致します。
 

1、立った姿勢で足を軽く開き、からだの力を抜いて手を前に伸ばし、
からだを前にゆっくり倒していきます。
 
腰部の骨や筋肉を伸ばすのが目的なので、無理に倒す必要はありません。
 
呼吸をしながら2~3秒その姿勢をキープしたら、
ゆっくり元の姿勢にもどります(同じ運動を5、6回くり返します)。
 

2、立ったままがつらい場合は、椅子に腰かけた姿勢で、
同じように手を伸ばしてからだを前に倒す方法でもかまいません。
 
自宅なら、床に座って足を伸ばし、手を前に出して身体を倒す方法もいいです。
 
 
一方筋肉運動は、中高年になるにつれて衰えた腰部や太ももの筋肉を
強化することで、椎間板などの負担を軽減する運動です。
 
色々な運動がありますが、ここでは運動不足の人や
高齢者でも無理なくできるスクワットをお伝えします。
 

両足を軽く開いて立ち、体の力を抜きます。
いすに腰かける感じでお尻をゆっくり下ろしていきます。
 
ひざが90度以上は曲がらない位置でとめ、呼吸をしながら
その姿勢を2~3秒キープしたら、元にもどります。
 
同じ運動を一度に 6~7回、できれば1日に3~4回行ってください。
 
お年寄りの場合はお尻を下ろしたときにバランスをくずすと、
転倒する危険性もありますので、椅子の前や壁の前で行ってください。
 
いずれの運動も、痛みなどを感じた場合には中止し、
必ず無理をしないでください。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

坐骨神経痛を予防する!?①

坐骨神経痛を予防する①
 
 
坐骨神経痛は、軽度のうちなら体操などによって
自分でも予防したり、改善したりすることができます。
 
ただし、強い痛みがあったり、歩きにくいといった
状態の場合には、自己流でやると悪化させてしまうことがありますので、
必ず病院を受診して医師の指導を受けてください。
 
坐骨神経痛の予防や改善には、まずはストレッチと筋肉運動が効果的です。
 
ストレッチは背骨や筋肉などをゆっくり伸ばし、緊張をほぐすことで、
椎間板などの負担を軽減する運動です。
 
デスクワークや立ち仕事で同じ姿勢を続けることが多い人は、
時々ストレッチをすることで関節、筋肉の疲労が溜まりにくくなり
痛みの予防にもなります。
 
坐骨神経痛は疲労が溜まり痛みシビレなどの症状が
出てきます。
 
痛みシビレが出ない為にも疲労が溜まらないように、
同じ姿勢は極力さけ時々休憩を入れその都度その都度に
身体を伸ばしたりのリセットして疲れを溜めないようにしてください。
 
ご参考になさってください。
 
次回は、簡単にできるストレッチや運動をお伝え致します。
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

その痛み坐骨神経痛かも?

・今回は疑わしい坐骨神経痛について
 お伝えします。
 
 
歩いているときや椅子から立ち上がろうしたときなどに、
お尻や太ももに痛みやシビレを感じたことはありませんか?
 
もし、そんなことがあったら、坐骨神経痛の可能性があります。
 
このような症状は、湿布薬を貼るなどすれば治ってしまうことが多いので、
つい軽く考えがちです。
 
ところが症状をくりかえすうちに、痛みで歩けない、
いすから立ち上がることができない、といった状態になることがあります。
 
さらに悪化すると、立っているのがつらい、座っても寝ても痛い、
といった状態にもなりかねません。
 
日常生活にも大きな支障を及ぼすしますので、
そうなる前に坐骨神経痛とそのケアについてお伝えします。
 
坐骨神経痛とは、坐骨神経に生じた痛みやシビレの事を言います。
 
坐骨神経は末梢神経のなかでも最大のもので、
お尻から太もも、ふくらはぎへとつながる長い神経です。
 
そのため痛みやしびれの出る場所も、人によってさまざまで、
お尻から太ももの部分が多いものの、
ひざ裏やもっと下の部分に症状が出る人も少なくありません。
 
原因も、人によって色々です。
 
初期には運動のしすぎや、
反対にデスクワークによる運動不足などで起こることもあります。
 
軽症のうちに予防も含めて対策をとることが大切です。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニア治療!注射は癖になる?

今回は、
腰痛ヘルニア!注射は癖になる?
についてお伝えします。
 
 
 
まずは注射の内容にもよりますが、ヘルニアの痛みが強い方には、
局所麻酔の注射を打つ場合が多いです。
 
これは痛みの信号をブロックすることから
プロック注射と呼ばれ鎮痛効果と、神経の周りを洗い流す効果があります。
 
 
基本的には医師の判断のもと行っていますので、
副作用が出る可能性は低いと思いますが、
もし身体に変調があれば早めに医師に相談して下さい。
 
あと癖になるか?と言いますと、癖になりません。
 
注射という行為に対する誤解で、全くのデマですね。
 
ブロック注射は、保険適用のある安全で効果的な治療方法です。
 
極端に言ってしまえば、ブロック注射を毎日受けることも可能です。
 
通常、使用される薬量は局所麻酔中毒量の5%~20%程度ですし、
身体への影響はとても小さいのです。
 
しかし、ブロック注射の種類によっては、
週に1回までとか保険診療上の規約があります。
 
ブロック注射の効果としても、ヘルニアの状態にもよりますが、
ご自身の治癒能力を活性化し、より効率よく痛みを和らげる治療方法です。
 
ブロック注射は、対症療法では?
とご質問を受けますが、飲み薬は繰り返し行っても
薬の効果が切れてしまえば痛みが元通りに戻ってしまいます。
 
それに対し、ブロック注射治療は、身体の状態にもよりますが
血流の改善や炎症を起こした神経の回復を促すので、
繰り返し行なうことで、徐々に痛みを緩和する効果はあります。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰椎ヘルニア!電気治療の種類と効果

腰椎ヘルニア!電気治療の種類と効果について。
 
 電気治療とは、電気刺激により疼痛を軽減する治療です。
 電気刺激の種類によって次のような様々な種類があります。

 1.SSP
 これは低周波刺激を、ツボに加えて痛みを改善しようというものです。
 病院や接骨院などで行われ、有効な場合もあるとされています。

 2.中周波
 SSPと異なり、直接筋肉に刺激を加えて筋収縮を行わせようというものです。
 効果として、
 ①筋収縮によるマッサージ効果
 ②筋収縮による筋力アップ
 また、麻痺の生じた筋肉を再教育するといった 治療を行うこともできます。


 3.干渉波
 周波数の異なる搬送波を身体に流すと、干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。
 それを利用して行う低周波治療法です。
SSPと同様な効果を目指したものと EMSに類似した効果を与えようとするものがあるようです。
 
腰椎椎間板ヘルニアに対して電気治療の効果は?
 物療によって椎間板ヘルニアが引っ込んだという 信頼できる報告はありませんが、
痛みに対する電気治療の効果は、腰そのものに対するというよ りも、
痛みによって生じるお尻~脚の症状を緩和するという効果が期待できます。
ですから腰椎ヘルニアだからといって腰に直接治療を加えるのはあまり意味が無いようです。
 
 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰椎ヘルニア!手術で痛みがなくなる?

・本日は、腰痛ヘルニアは果たして手術で痛みがなくなるのか?です。

 

ヘルニアの除去手術は神経の損傷の進行を止める目的で行われます。

排せつ排尿困難、歩行障害、等にならないようにです。
 

ヘルニアの状態にもよりますが、痛みが完全になくなるとは限りません。
痛みが、なくなったと言う人もいれば、痛みがまだあると言う人もいます。

手術前よりも痛みが軽減しているのであれば、嬉しいですね。
日に日に、緩和してくる場合もあります。
 

今後は日常生活で心がける事は、重いものを持ち上げたり、
中腰姿勢等には注意が必要です。
 
 

ヘルニアは年配の方が起こす変形性脊椎症などの
神経圧迫症状より、まだ椎間板が柔軟な時期にいつも
前かがみの姿勢が多い仕事や喫煙なども原因と言われています。
 
勿論、いつかは痛みは軽減していきますが再発もあります。
 
 
日常で、また重い物を不自然な姿勢で持ち続けていると、
またヘルニアの痛みが出るかもしれません。

このまま繰り返せば、いつか歩く事も困難になり、脚が痺れたり、
最悪は尿が出る感覚がなくなる事もあり、こうなると、また手術が必要な事もあります。
 
大切なのは予防です。
 
やはり最も負担になるのが、立ったままで腰を曲げて物を持ち上げる動作です。
これをしゃがんでから持ち上げるようにするだけでかなり防げます。

喫煙があれば、これを機会にやめるのも良いかと思います。
 
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰椎ヘルニア!手術後の再発

・今回は、腰椎ヘルニア!の手術後の再発について

 

腰椎ヘルニアの手術後の人が、

再度同じ部分の椎間板ヘルニアに対する手術を

された場合を再発とすると、手術後5年までの再発率は

4-15%程度と言われています。

 

再発時にはヘルニアも大きくなく、

痛みもそれほど強くなく、日常生活にも大きな支障がなければ、

保存的に経過を見ることで良いかと思います。

 

再発ヘルニアでも自然に縮小する可能性はあります。

 

ただし、脱力感で足に力が入りにくいという症状は気になります。

 

脱力が改善せず、反対に進行するようであれば、

早い時期に手術を考えなければなりません。

 

また、両足の脱力であれば、

それも手術を考えるべきかと思います。

 

これは、馬尾障害(神経全体)の

可能性がを含んでいるからです。

 

痛みが強くなるようであれば、鎮痛剤の

併用や硬膜外ブロックも有効でが、

脱力進行の有無と膀胱障害

(頻尿や排尿遅延、尿失禁、尿閉)の症状は要注意です。

 

再発に至った場合でも保存的治療の効果は期待できます。

 

また再手術は初回手術よりもやや難しくなりますので、

再手術の適応は初回手術以上に慎重に行うべきです。

 

手術時間も若干長くなりますが、大きなリスク等はありません。

 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

坐骨神経痛!臀部の痛み④

引き続き、本日も
坐骨神経痛!臀部の痛み④
についてお伝えします。
 
 
 
寝方は、
 
具体的には、釈迦涅槃像のように、
右脇を下にし、足の上に足を置いて寝てみてください。
 
右脇を下にすると、胃を始め内臓が最も落ち着く姿勢です。
医学的にも認められいる良い姿勢です。
 
ただ、太り気味の方は、右肩だけを下にしていますと、
肩を痛めますので、夜トイレに行く度に、交互に右脇を下にしたり、
左脇を下にして寝ていただければれば大丈夫です。
 
また、下に来る手は、枕の補助として、
手の平を頭と枕の間に置いてください。
 
どうしても、あお向けで寝たい方は、
布団の尻の下に座布団を挟んで寝れば、同じ姿勢を保てます。
 
 

あと肥満の方は、それだけで、腰痛に悪いですし、
肩にも負担がかかりますので横向けで寝ることができません。
 
当然、「肥満の解消」が腰痛対策の前提となります。
 
 

「腰痛体操」も必要です。
 
が、別に覚える必要はなく、身体全身のラジオ体操の第1だけでも、
気が向いた時に、気が向いただけ、ゆっくり、大きく行えば良いです。
 
 
 
そうすれば腰痛とは無縁の生活が送れます。
 
もちろん、無理をすれば、また腰痛になりますが、
また微調整で治す事もできます。
あなたも、工夫をされれば腰痛が改善出来ますよ。
 
 
 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

坐骨神経痛!臀部の痛み③

今回は、
坐骨神経痛!臀部の痛みについて③
 
 
本日は、前回お伝えした、
坐骨神経痛からの臀部痛にならない
姿勢を保つ方法をお伝えします。
 
 
それは、腹巻の活用です。
この坐骨神経臀部痛にならない姿勢を保ちやすくするためには、
「骨、筋肉は暖めると良いので、「腹巻」をしてみてください。
 
貼るカイロをお腹や腰に貼って温める方法もあります。
 
もちろん、毎日の入浴で背骨の温めも大事です。
 
 

次に重要なことは、1日24時間の1/3に及ぶ
「睡眠中の姿勢」をどうするか、なんです。
 
直接背骨に負担をかけないように、
身体を横向けにして背骨の間隔が開くように、
少し海老のように背中を丸めて寝るようにしてください。
 
 
ヘンな姿勢だ、こんな格好で寝るのか?
と反発心さえ起こされるかもしれませんが・・・
 
実は、「脊椎動物の本来の睡眠時の姿勢」とされるとおり、
すごく気持ちよく安定した姿勢で、そのままの姿勢で朝まで寝れます。
 
しかも、驚くべきことに、1分以内。
 
せいぜい20~30秒で、夢も見ず、熟睡というか、
爆睡とでもいうべきものが可能となりますので、
不眠も解消できる期待もあります。
 
 
次回は、具体的な寝方について
お伝えします。
 
 
 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

坐骨神経痛!臀部の痛み②

坐骨神経痛!臀部の痛みについて②
 
 
どうすれば?
坐骨神経痛の臀部の痛みを改善出来るのか?
 
 
まずは、お腹を強くした状態にすれば良いです。
 
そうすれば、「背骨」ではなく、腹筋と背筋で体を支えることになりますので、
坐骨神経痛は改善します。
注意点は、身体が常に丸くならないように姿勢を保つ必要があります。
 
 
中々その状態は維持できません。
常に上半身が前傾状態になります。
 
対策として、そのままスッと上半身を起こし、
その姿勢で1日、立ち、歩き、座りの動きを意識が必要です。
 
 
 
しかし、頭は、全体重の1/3~1/2もありますので、
「頭」を「体」で支えますと背骨への負荷が大きすぎますので、
それだけで坐骨神経痛になります。
 
対策として、「頭」で体全体を引っ張り上げるイメージで、
生活すればよいわけです。
 
 
 
結果、モデルさんのような姿勢になりますが、
モデルなんのような「無理に作り上げた姿勢」ではなく、
少しずつ(最低3ヶ月を目安に)作り上げていってください。
 
それこそが二足歩行をする動物・人間の正しい立ちかたになり、
坐骨神経痛、にならないような日々健康になれます。
 
 
次回は、さらにこの姿勢を保つ方法を、
お伝えいたします。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!