小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

腰痛ヘルニアは隠れ猫背が原因?

本日は腰痛ヘルニアは隠れ猫背が原因?
についてご紹介していきますね。

 

猫背で困っている方というのは良く聞きますが、
みなさん、意外と知らないのが「隠れ猫背」という症状です。


 

おそらく大多数の方が隠れ猫背とはどのようなものか

ご存じないと思うので簡単に紹介してみたいと思います。


 

隠れ猫背というのは背中が丸く前かがみになっているのを

腰の部分でそり、骨盤を前に傾けることによって

体が無意識に猫背を隠してしまっている症状のことなんです。


 

ですので、隠れ猫背というのは一見周りの人から見ても

猫背に見えず、また、本人も自分が猫背であるという自覚が

すくない症状なんです。


 

確かに見た目が悪く見えないので隠れ猫背は大して問題に

ならないと思われる方もいるかと思いますが、

この隠れ猫背というのは健康面から見るとかなり害が

あるものなんです。

 

 
隠れ猫背の健康面への悪影響としては

 

・腰椎ヘルニアが発生する
・背中に痛みが発生する
・肩こりの原因になる
・肩関節の痛みが発生する
・五十肩の原因になるといった体に痛みを発生させるような
とても健康に良くない姿勢なんです。



この隠れ猫背は本人が隠れ猫背だ!と

気がつかないことが多いですから、

背中に痛みがあるなぁとか、最近肩こりがひどくて・・・

 

とお悩みの方は、自分が隠れ猫背になっているのでは!?

と疑ってみることが大切ですね。



猫背だけでなく、隠れ猫背にも要注意ですね!

 
ご参考になさってください。
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 
初めての方へ キャンペーン実施中


初回通常価格
10,000円→2980円(税別) 
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアの原因!身体を歪ませる服?

本日は腰痛ヘルニア!身体を歪ませる服?
についてです。
 


 

着る服によっては身体は歪んでいき、
腰痛ヘルニアの原因にもなります。


 

 
・きつい服や下着は歪みのもと
 
ガードルやボディスーツなど体を締めつける下着や、
細身のジーンズなどの服は関節がスムーズに動くのを邪魔し、
体から柔軟性を奪います。
 
 
それだけでなく血行が悪くなり内臓の働きも悪化させ、
骨盤や背骨の弾力性が失われて歪みの原因にもなります。
 
 
スリムに見せたいからと小さめのサイズを選ぶのは
極力避けたいですね。
 
 
 
また自分のサイズに合わない洋服や靴を履いていても、
違和感を防ぐ為に不自然な格好や歩き方をします。
 
 
それが毎日続くと、骨盤の歪みに繋がっていきます。
 
 
特に硬い素材のローライズデニムは要注意です。
 
 
腰に当たる布の位置より、お腹側に当たる布の位置が低いと、
その形に腰が引っ張られて反り腰気味になってしまいます。
 
 
知らないうちに骨盤を前傾させて固定させてしまい、
腰にも負担がかかってしまうのです。
 
 
そんな時は、ウエストマークのスカートやパンツを
選んで履いてみましょう。
 
 
腰に余計な負担をかけず、ウエストが固定されますので、
腰回りが自然と安定してくれます。
 
 
ご注意ください。
 
 
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰椎ヘルニア原因!スポーツで身体が歪む

本日は、腰痛ヘルニア!スポーツでも身体が歪む
についてお伝えします。
 
 
 
楽しみのスポーツで歪まないように!
 
 
左右非対称のスポーツ。
 
ゴルフやテニスなど、腰痛ヘルニアに注意です。
 
 
体を同じ方向にひねる動作が
多いスポーツは体の片側だけに負担をかけ、
歪みの原因になりがちです。
 
 
 
スポーツを楽しんだあとは反対側に
体をひねる体操をするなど、
歪み防止を常に心がけることが必要です。
 
 
 
体を歪めないためには何が必要かというと、
「正中化」を考えることです。
 
やはりスポーツの問題は左右非対称な運動ということです。
 
ヒトの体は基本的に左右対称にできています。
 
ですので、スポーツの前後に、
偏った癖を取る運動やトレーニングを行う事も必要です。
 
 
歪んでしまった体を取るためには矯正や整体もいいと思いますが、
オススメの運動は、水泳やウォーキング、ヨガです。
 
ただし、水泳では注意が必要です。
 
息継ぎは左右均等に行って下さいね。
 
自由形で片側だけで息継ぎすると非対称になります。
 
ヨガは必ず左右行いますので、
左右差への気付きやさらに左右差の是正にも役立ちます。

オススメのトレーニングは、ピラティスや太極拳です。
 
インナーマッスル(深層筋)によって体の正中化を促します。
 
トランポリンや縄跳びも良いです。
 
歪んでいては真っ直ぐ飛ぶことは出来ません。
 
練習やトレーニングを日常生活に取り入れながら、
楽しい部活生活、スポーツライフを送って下さいね。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアの原因!季節の変わり目

・本日は、腰痛ヘルニア原因!季節の変わり目
についてお伝えします。
 
 
 
季節の変わり目は肌荒れや体調不良など、
様々なトラブルが起こりがちですが、
でも腰痛ヘルニアがひどくなる!と悩む人も多いです。


寒暖の差が激しかったりお天気が不安定になると、
腰痛が悪化するばかりか、ぎっくり腰になるケースも増えます。

 

 
当院も、ここ最近、ぎっくり腰の患者さんも増えています。


そこで今回は、季節の変わり目に気を付けたい腰痛の
ためのケア法をご紹介していきたいと思います。
 

季節の変わり目の腰痛ヘルニア対策は、

歩くことも腰痛解消に!
季節の変わり目に起こる気温の差、筋肉が正常に
働きにくくなることが腰痛ヘルニアやぎっくり腰が起こる
原因の一つと考えられます。
 

また、長時間同じ体勢で座ったままでいるのも、
立っているときよりも、座っているときのほうが腰にかかる負担が
大きいのが理由です。


 

できれば、1時間に2~3分でもデスクなどを離れて
歩くことを心掛けるだけでも、腰痛対策としてオススメです。
 
 
最近、腰が重いなぁ~って時は要注意で、
体の休息期です。

 

 
腰痛ヘルニア・ぎっくり腰を予防してくださいね♪
 

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアの原因!身体歪まない生活

本日は腰痛ヘルニア!「歪まない生活術」について
お伝えします。
 
 
冬の寒い日では体に力が入り

関節、筋肉が硬くなり歪み、腰痛ヘルニアの原因になります。

 

ささいなクセや生活習慣の積み重ねで少しずつ歪みが進みます。

 

無意識うちに送っていた歪む生活を、ちょっとした気遣いで

歪まない生活に切り替えましょう。
 

バッグの持ち方
 
みなさんもご存知かもしれませんが、
当たり前のように毎日使っているバッグが、
持ち方次第で歪みの原因になると知っていましたか?
 

歪む持ち方を歪まない持ち方に!
 
バックはいつも同じ側に持ち、反対側で持つと

なんだかしっくりこない・・・。
 
これが当てはまるなら、すでに体が歪んでいる証拠です。
 

バッグはたびたび持ち替えて左右対称に使うようにし、
手提げ、ショルダー、リュックなどを使い分けることが、
体を歪まなせないポイントです。
 
 
重いバッグを持つ機会が多い人ほど、
持ち方に氣をつけてましょう。
 
 
ちょっとした意識をしてみて、
腰痛ヘルニアの原因を作らないでくださいね。
 
 
ご参考になさってください。
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰椎ヘルニア!ぎっくり腰に注意?

本日は、腰痛ヘルニア!ぎっくり腰に注意
についてお伝えします。
 
 
ぎっくり腰を繰り返す方は骨盤がかなり歪んでいる為、
腰痛ヘルニアに注意が必要です。
 
 

ぎっくり腰になる人に共通していることは、腰の関節、筋肉が
カチカチに硬くなってしまっていることです。
 
 
 
腰の関節、筋肉の柔軟性が失われているために、
ちょっとした動作で筋肉や関節を痛めてしまうのです。
 
 
ぎっくり腰には予防が第一です。
 
 
それには急な動作は禁物です。
 
 
物を持ち上げるときには体に近づけて、膝を曲げてゆっくりと
膝をのばすようにしながら持ち上げてください。
 
 
足の力を使って持ち上げるのがコツです。
 
 
体を腰から曲げて、腰の力で持ち上げようとすると
ぎっくり腰になってしまいます。
 
 
長時間のイス座りや、中腰の姿勢をながく続けることなども腰によくありません。
 
 
運動不足や、無理な姿勢が日常的に続くことで腰の関節の動きが悪くなったり
筋肉が硬く縮んでしまいます。
 
 
また、ぎっくり腰になるのは重いものを持ち上げたときとは限りません。
 
 
「くしゃみをした」とか「高いところのものを取ろうとした」とか
「足元のものを拾おうとした」などの日常の何げない動作によって
ぎっくり腰になる方が多いです。
 
 
ぎっくり腰になる前から、腰部に違和感や腰痛を感じている人は多いものです。
 
 
腰の関節、筋肉が柔らかいのに、ぎっくり腰になったという
話はあまり聞いたことがありません。
 
 
無理な作業姿勢で負担のかかった腰の関節、筋肉を毎日の適度な運動や、
入浴などでやわらげることが大切です。
 
 
少しの意識が予防につながります。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニア!冬の予防対策ってご存知ですか?

・腰痛ヘルニア!冬の予防対策
 
 
 
今回は、寒い冬の腰痛ヘルニア対策についてお話しいていきます。
 

気温の下がる冬には腰痛、肩痛が起こります。
 
 
気温が下がると体温を維持するために手足などの
末端の血管を収縮させて血流の量を制限します。
 

血液のめぐりが滞ると、手足が冷え、
腰痛や肩こりなど人体の不調が起こります。
 
 
そこで冬の健康への近道は「温める」がキーワード!になります。
 
冷えると体は代謝が落ち、脂肪が増えてしまうと、
冷え易くなるとゆう悪循環になる。
 
 
便秘、下痢、女性の場合は生理痛、更年期の症状が強く出ます。
 
 
此の症状を良くするには温かい食べ物を摂る、温めた食材を摂る。
 
 
そして冷たい物は控える。まずは体の中から温めてください。
 
 
たとえばあったかドリンクで温める、あったか雑炊で温まる、
ゆず茶などにショウガ入れて飲むなど…ショウガには血管を拡張させ、
冷えた体をポカポカにしてくれます。
 
使い捨てカイロで腰痛、肩こりの患部を温めるも良いですね。
 
 
健康への近道は「温める」ですね。
 

一度、お試しくださいませ。
 

本日も最後までお読みいただき有難うございました^^
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアの改善!食べ過ぎに注意?

・腰痛ヘルニアの改善!食べすぎに注意!
 
 
 
お正月中は食べ過ぎていませんか?
 
本日は食べすぎでの腰痛ヘルニアについてのお話しをしますね。
 

食べすぎでも腰痛になります。
 
「腰が痛いとういか、背中が張って苦しい感じなんです」
 
と訴える人がたくさんいます。
 
 
 
こういう人は肩甲骨の下あたりからウエストにかけて、
わりと広範囲に張った感じがあって、後ろから誰かに
観てもらうとそのあたりが盛り上がって見えるようなタイプです。
 
 
これはまざれもなく「食べ過ぎ」が原因です。
 
 
外食が続いたりすると、誰でもこういう感じになってきます。
 
 
 
こんな時は「肝臓を休めてあげること」がポイント。
 
 
高カロリーな食べものを控えて肝臓にお休みをあげれば楽になります。
 
 
腰痛ヘルニアは腰椎に対して過度なストレスが
かかってしまうつまりS字の構造が崩れる事で腰に痛みが生じると言えます。


lその原因の一つに食事が関係してきます。

食べ過ぎなどは内臓にストレスを与えてしまいます。
 
 
その影響で異常な信号が伝わり、内臓と関連する神経がある
下のほうの背中周りの筋肉が緊張してしまいます。
 
 
その結果後弯しているはずの胸椎がフラット化します。

その影響でS字構造が破綻してしまい、腰痛ヘルニアが発生してしまいます。

 
 
 
なので食べすぎには十分注意をしてくださいね。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

新年のご挨拶

新年のご挨拶

 

新年あけましておめでとうございます。

本年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

皆様のますますのご健康のお役に立てますよう全力で、

施術させて頂きます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

新年は1月4日(金)より平常通り営業となります。

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

腰痛ヘルニアに効く食べ物?

・腰痛ヘルニアに効く食べ物について
 
腰痛ヘルニアやぎっくり腰などに悩んでいる
方は多いと思います。
 
ひざをグルグル回しながら足腰の不調に効く
サプリメントを紹介するテレビCMなどがありますが、
このサプリメントにはグルコサミンやコンドロイチンが含まれています。
 
つまり、腰痛ヘルニアに悩んでいる人は、
これらを食事からとれば効果的です。
 
このサプリメントの原料「グルコサミン」は、
エビとカニの甲羅に含まれています。
 
エビのシッポは食べられてもカニの甲羅までは食べられていません。
 
だがこのグルコサミン、実はネバネバしたものにも含まれる成分です。
 
納豆やオクラなどネバネバした成分が、関節に良いです。
 
 
関節に痛みがあるときに病院に行くと、
ビタミンB12を含んだクスリが処方されることがありますが、
それを食べ物で補うことで痛みが改善できるわけです。
 
ビタミン12は、レバーや貝類、
のりなどに多く含まれる神経伝達に関係する栄養素。
 
「神経のビタミン」とも言われ、末梢(まっしょう)神経の
損傷で起こる腰痛の場合、ビタミン12を補うことでその
損傷を修復することができます。
 
運動時のケガや加齢により腱や靭帯に不安を抱える人は、
コラーゲンとビタミンCを積極的にとると良いです。
 
 
 
このような栄養素を摂ってください。
 
・コンドロイチン、グルコサミン(エビやカニの甲羅、納豆、オクラ、のりなど)
・ビタミンB12(レバー、貝類、のりなど)
・コラーゲン(豚足、豚ミミ、ナンコツ、手羽先、ゼラチンなど)
・ビタミンC(果物、トマト、ブロッコリー、ジャガイモなど)
 
ご参考になさってください。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!