小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

腰椎ヘルニア!ぎっくり腰に注意?

本日は、腰痛ヘルニア!ぎっくり腰に注意
についてお伝えします。
 
 
ぎっくり腰を繰り返す方は骨盤がかなり歪んでいる為、
腰痛ヘルニアに注意が必要です。
 
 

ぎっくり腰になる人に共通していることは、腰の関節、筋肉が
カチカチに硬くなってしまっていることです。
 
 
 
腰の関節、筋肉の柔軟性が失われているために、
ちょっとした動作で筋肉や関節を痛めてしまうのです。
 
 
ぎっくり腰には予防が第一です。
 
 
それには急な動作は禁物です。
 
 
物を持ち上げるときには体に近づけて、膝を曲げてゆっくりと
膝をのばすようにしながら持ち上げてください。
 
 
足の力を使って持ち上げるのがコツです。
 
 
体を腰から曲げて、腰の力で持ち上げようとすると
ぎっくり腰になってしまいます。
 
 
長時間のイス座りや、中腰の姿勢をながく続けることなども腰によくありません。
 
 
運動不足や、無理な姿勢が日常的に続くことで腰の関節の動きが悪くなったり
筋肉が硬く縮んでしまいます。
 
 
また、ぎっくり腰になるのは重いものを持ち上げたときとは限りません。
 
 
「くしゃみをした」とか「高いところのものを取ろうとした」とか
「足元のものを拾おうとした」などの日常の何げない動作によって
ぎっくり腰になる方が多いです。
 
 
ぎっくり腰になる前から、腰部に違和感や腰痛を感じている人は多いものです。
 
 
腰の関節、筋肉が柔らかいのに、ぎっくり腰になったという
話はあまり聞いたことがありません。
 
 
無理な作業姿勢で負担のかかった腰の関節、筋肉を毎日の適度な運動や、
入浴などでやわらげることが大切です。
 
 
少しの意識が予防につながります。
 

 

〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!