小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

腰痛ヘルニア原因は老化!

本日は腰痛ヘルニア原因は老化!
についてお伝えします。
 
 
腰痛椎間板ヘルニアの主な原因は
椎間板への強い圧力です。
 
 
椎間板は、髄核と呼ばれる
軟らかい組織と、それを覆う
線維輪と呼ばれる硬い組織で
できています。
 
 
椎間板に大きな負担がかかると
線維輪が破綻し、そこから軟らかい
髄核が突出してきます。
 
 
そして突出した髄核が神経に
当たると様々な症状引き起こすのです。
 
 
前述の通り、椎間板への負担が
椎間板ヘルニアの主な原因ですが、
喫煙や遺伝なども発症に関わると
言われています。
 
椎間板は10歳を過ぎたころから
老化が始まります。
 
 
加齢に伴う椎間板の老化の過程で
生じますが、急に重い物を持ち上げる、
中腰といった日常の動作、激しい
スポーツなどの腰への負担が
きっかけとなることが少なくありません。
 
 
また、喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、
精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、
仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、
仕事への集中度や満足度、失職)などが深く
関与していることも指摘されています。
 
 
 
 
当院の患者さんから「腰痛は、老化だから
仕方ないですよね~」と
よく言われます。
 
 
当院も確かに50代、60代、70代、80代
腰痛ヘルニア患者さんもいますが・・・
 
 
でも圧倒的に20代、30代、40代
腰痛ヘルニア患者さんのほうが多いです。
 
 
ですので腰痛ヘルニアは老化だから?
とは、言いがたいです。
 
 
最近では、腰痛ヘルニアまでは多くないですが、
小学生の腰痛患者さんも増えているぐらいです。
 
 
腰痛ヘルニアの原因は老化ではないですね。
 
 


初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約で
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
自分に合うのか悩んでいるあなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!