小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

ぎっくり腰も座り方に原因が?

本日は「ぎっくり腰も座り方に原因が?」についてです。
 
 
一日のうちで座って過ごす時間は、仕事、仕事以外にもよりますが、
デスクワークの方なら6~7時間という方もいると思います。
 
 

立っているときは、足で体重を支えています。
 
 
 
一方、座っているとき体重を支えているのは骨盤です。
 
 
 
解剖学的には骨盤が身体の要です。
 
 
 
腰を解消するためには骨盤を正しい位置にする必要があります。
 
 
 
そうすると、骨盤に関連する骨や関節が安定し、腰痛も含め、
肩こり、首こりもすべて解消していきます。
 
 
 
では、「良い座り方」とはどのようでしょうか?
 
 
 
骨盤は、身体の要!
 
まず、骨盤とは、(坐骨、腸骨、仙骨、恥骨、尾骨)などの総称です。

 
 
座っているときに体重を支えているのが「坐骨」と言われる部分です。
 
 
でも坐骨のどの部分で体重を受け止めると、
正しく座ることができるかというと、それは、坐骨の前の部分です。
 
 
 
そうすると、骨盤を立てて座ることができ、S字カーブがきれいに保たれ
負担の少ない状態で体重が支えられ、ぎっくり腰になりにくいです。
 
 
 

ところが、ぎっくり腰をはじめとする症状の方は坐骨の後ろで、
体重を支えているため、骨盤が後ろに傾き、
腰や背中が丸くなってしまいぎっくり腰になりやすくなります。
 
 
ですので、いかに骨盤を立てて座るかが重要になってきます。
 
※反り腰にならないようにご注意くださいね。
 
それは、次回は具体的に座り方をお伝えしたいと思います。
 
 
 



初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
自分に合うのか悩んでいるあなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!