小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

寝起きの腰痛の原因

今回は、寝起きの腰痛の原因
 
についてお伝えします。
 
 
 
まず寝起きで腰痛の方は、反り腰です。
 
 
そして寝ている時はくの字で寝ています。
反り腰のため仰向けでは痛くて寝れません。
 
 
このく字で寝ていると股関節の前側の筋肉が硬くなってしまい、
股関節が動かなくなり体は前に傾いてしまいます。
 
 
股関節が硬くなった状態で、朝起きの時に、身体を起こそうとすると、
股関節の前側が硬まっている為に身体は起こしずらくなっているので
腰だけを使って起こすことになります。
 
 
すると腰の骨同士がぶつかり合って
腰が痛くなります。
 
 
痛いので、腰をマッサージするとさらに
痛みが増していき悪循環になってしまいます。
 
 
 
硬くなった筋肉を伸ばす姿勢を維持している状態は、
伸びなくなった筋肉をずっとストレッチをしているのと同じなので、
その姿勢を維持するのが辛くなってきます。
 
 
 
逆に硬くなった筋肉をたるませると、
硬くなった筋肉の負担は減り、
楽になります。
 
 
横向きで「くの字」になった時に
硬くなっている筋肉はどの筋肉でしょうか?
 
 
お尻や腰の筋肉ではないですよね?
正解は、お腹側の筋肉です。
 
 
なので、朝の寝起きの腰痛は、
いくら背中や腰、お尻をマッサージしても改善しないです。
 
 
マッサージしないといけないのは、
お腹側の筋肉ということになります。

 

では筋肉が腰痛の原因になっているのかと言いますと、
大腰筋です。
 
 
大腰筋を緩めることが出来たら、
寝起きの腰痛は改善しています。
 
 
 
 
次回は大腰筋を緩めるストレッチを
お伝えしますね。
 
 
 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。
 
 




初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
自分に合うのか悩んでいるあなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。



 


〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!