小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

腰痛ヘルニアの原因!自分の身体の歪みを知る方法

今回は「腰痛ヘルニアの原因!自分の身体の歪みを知る方法」について
ご紹介いたしますね。

 
 
身体の歪みは腰痛ヘルニアの原因の1つです。
 
 
日頃ついつい悪い姿勢をとっていることが多いと自覚はしているけれど、
 
その影響が体にどれぐらい出ているかわかる人は少ないと思います。
 
自分で簡単に体のゆがみの傾向をチェックできる方法があります。
 
チェックの仕方
 
さっそく試してみましょう。

 

 

チェック方法


1、

あお向けに真っ直ぐ寝て全身をリラックスさせ、両足を少し開きます。

このとき足先が、左右どちらがより外側に開いているかを観察してみましょう。

他の人に見てもらうのが一番ですが、

1人の時は頭を軽く上げて自分で見てみます。

 
 
 

2、

あお向けに寝てそのまま膝を曲げ、両足の裏を軽く合わせます。

膝が開く格好になりますが、どちらの膝がより外側に開いているでしょうか?

 

 

3、

普通に歩いているところを他の人に見てもらいましょう。

真っ直ぐ前、または後ろから見て、どちらの足先がより

外側に開いているでしょうか?

 

 

4、

うつ伏せに寝てつま先をピンと伸ばした時、他の人から見て、

どちらかの足がより長く見えることがあります。どちらの足が長く見えますか?

 

 


判断

「右の方」が3つ以上あった、

あるいはその1とその2が右の方だった場合

  • 右骨盤高位

右側の腰が左側より高くなっているパターンです。ウエストライン、


お尻などが微妙に右に上がり、逆に肩甲骨や肩のは

右側が下がっていることが多いのです。


このため、背骨の腰の部分(骨盤のすぐ上)が左に曲がってしまいます。

 
 
 

「左の方」が3つ以上あった、あるいはその1と

その2が左の方だった場合

  • 左骨盤高位

上記の説明とは逆ということになります。

その1とその2が右と左に分かれた場合

  • 脊柱彎曲型

脊柱(背骨)は前後にゆるやかなS字カーブを描くのが普通ですが、

このS字のカーブがきつくなると、チェック1は左側、

2は右側となるケースが多く、逆S字カーブの場合はその逆となります。

 

さらに、どちらかの開きが極端に大きいときは

「骨盤高位」もあることが考えられます。

 
 

おわりに

身体の歪みはそのままにしておくと、肩凝り、腰痛、冷え性、

顔のむくみ、集中力・記憶力の低下など、

さまざまな症状を引き起こします。

 


次回は自分でできる簡単な身体が歪まない

方法をご紹介いたしますね。

 
本日も最後までお読みいただき有難うございました。






初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 



〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!