小幡駅より徒歩5分の腰痛専門院もりやま接骨院

骨盤調整で慢性腰痛がスッキリ、実績多数!本気で取り組む方のための接骨院

長年続く腰痛ヘルニアの痛みを手術なしで改善したい方は他にいませんか?

ブログ

腰痛ヘルニアの中腰姿勢で痛い改善方法

本日は、腰痛ヘルニアの中腰姿勢で痛い改善方法
についてお伝えします。
 
 

こんなお悩みはありませんか?
 
 
「中腰をしていると腰が痛い…」
「中腰から立ち上がる時に腰が痛い…」
など。
 
 
その症状、実は”お尻の筋肉”が原因の1つです。
 
 
 

それでは、中腰の腰痛を引き起こすお尻の筋肉は?

中殿筋という筋肉です。

 
 
 
 
中殿筋は股関節を外に開く作用を持っており、日常生活で言えば
歩行、座っている状態、立ち上がる時、運転中などいろんなことに働いています。
 
 
そのため、たくさん使う筋肉ですので、その分硬くなりやすい筋肉です。
 
 
ではなぜ中殿筋が中腰の腰痛を引き起こすのか?
 
 
中腰ということはお尻の筋肉は伸ばされます。
 
 

骨盤はお尻の筋肉によって後ろに引っ張られますが
上半身はそれに伴い前に体を倒している姿勢が中腰です。
 
 
そのため、お尻の筋肉が硬いと中腰をした時に
うまくしゃがめないので、腰の筋肉を使って無理やり中腰を行おうとします。
それによって腰の筋肉が伸ばされすぎて痛みが出ているわけです。
 
 
なので、硬くなった中殿筋を緩めないと根本から改善できません。
 
 
それでは、中殿筋を緩めるストレッチをご紹介します。
 
1、まず、椅子に座ります(両足は90°)
 
2、痛い側の足をもう片方の上にあぐらをかく感じで乗せます。
  4の字の状態です
 
3、その4の字の状態から上半身を前に少しづつ倒してください
  するとお尻の筋肉が伸びてくると思います
 
4、その状態を15秒行ってください
 
 
1日2回を目安に行って下さい。
 
 
中腰が楽になってきますよ。
 
 

本日も最後までお読みいただき有難うございました。





初めての方へ キャンペーン実施中
1日1名様限定
前日までのご予約でも大丈夫です
「ホームページを見た」とお伝えください


初回通常価格
10,000円
(初見料2000円+施術料8000円)
   ↓
初回限定2980円(税別) 
「私に合っているか不安・・・」
そんな悩んでいる、あなたへのご提案です。
良くなる可能性を感じにお越しください。

 




〒463-0011
名古屋市守山区小幡1-7-13
もりやま接骨院

腰痛でお悩みなら今すぐお電話を
📞0120-998-133
営業:10時~13時/15時~19時 休業:木・日・祝

お問い合わせはフリーダイヤル
0120-998-133

愛知県名古屋市守山区
小幡1-7-13

受付時間
10:00~13:00
15:00~19:00
休業日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

当院の概要はこちら

モバイルサイト

もりやま接骨院スマホサイトQRコード

もりやま接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!