患者様の声(腰部椎間板ヘルニア)

長年の腰ヘルニアが改善し今は接客も楽に。

「ぎっくり腰を良く繰り返すので、いつも不安でした。」

30代で不動産会社勤務の患者様。

今まで腰のヘルニアで10代でレーザー治療、20代で内視鏡の手術をされ、5年前にかなり強いぎっくり腰になってから癖のように、よくぎっくり腰を繰りかえすようになられたそうです。

今回も、ぎっくり腰で来院されました。

来院時に「しっかり腰のヘルニアを治したい」と話されていましたが、、、

結果は辛かった腰痛から解放出来、「今はぎっくり腰も繰り返さないし仕事中も腰が楽」と喜ばれてます。

来院の動機

以前バキバキと痛い施術を受けさらに悪くなったのですが、こちらな痛くない施術とホームページに書いてあったので伺いました。

来院時にお身体の状態はどうだったのか?

身体は左に曲がり、かなりの痛みがあり何とか歩ける状態でした。

問診より

今回の痛みはいつからですか?

3日前の朝、起きた時に突然ギクッとなりました。

思い当たる原因はありますか?

疲れが溜まっていたぐらいで、他はわかりません。

どのような動きで痛いですか?

どの動きも痛いですが、特に痛くて身体が伸ばせません。

楽な姿勢はありますか?

どの姿勢も痛みがあり怖いですが、壁などに手をついて立っていると何とかマシです。

検査

・左の骨盤の動きが悪い。

・右の大腰筋が固い。

・右頸椎の歪みがあり回旋の動きが悪い。

・左足関節の動きが悪い。

なぜ今回、ぎっくり腰を引き起こしてしまったのか?

身体の疲労が溜まっていたせいか頸椎、足関節の動きが悪くなり身体全体のバランスが保てなくなり腰でバランスを取るようになり腰の筋肉が固まり過ぎて限界を超えてぎっくり腰を引き起こしてしまったと思われました。

どのような施術を行ったのか?

今回の慢性腰痛の症状に対しては、この2つのポイントで施術を行いました。

施術の2つのポイント

・骨盤、腰部、大腰筋の調整

・頸椎、足関節の調整

骨盤、腰部、大腰筋の調整

左右の仙腸関節、腰仙関節の動きを調整、次に右の大腰筋を緩める調整後は腰の痛み軽減を感じられる。

頸椎、足関節の調整

右頸椎3番の動きが悪く左右均等に動くように調整。

初回は、ここまでの調整で終了。

※施術後は普通に歩けるまで回復。

2回目は前回の状態を確認し足関節の調整を含め全身のバランス調整を行う。

以降、3回目に繋げる。

施術の結果はどうだったのか?

ぎっくり腰の痛みは3回で取れ日頃から腰の違和感があった慢性腰痛の施術回数、合計8回、約3ヶ月で腰の状態が安定し終了。

現在は1ヶ月から2ヶ月に1回のメンテナンスに通われてます。

患者様からのコメント

ず~と10代からの腰のヘルニアで何度もぎっくり腰を繰り返しながらいつも不安だった腰も、なぜ腰痛が治らなかったのかを教えて頂きました。

今は腰の不安なく仕事も頑張れてます。

ストレッチもやっています。

これからもよろしくお願いします。

ありがとうございました。

院長からのコメント

山田竜矢

首と足首が硬く特に首の動きが悪く全身のバランスを崩していました。

今回も長年腰痛に悩まされ、ぎっくり腰も繰り返されてましたが、なぜ慢性的に腰の痛みが改善しないかを考えないと腰の痛みは解決しません。

腰痛の原因は腰以外に多く存在します。

今現在、同じように慢性的に腰が痛くていつも不安だとお悩みの方は是非一度ご連絡をお待ちしています。

あなたのお役に立てれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(腰部椎間板ヘルニア)

© 2021 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5