患者様の声(腰部すべり症)

諦めていた腰部すべり症が改善した患者様

「腰痛で毎日痛み止めの飲み薬が欠かせなかった」

40代 電気工事のお仕事の患者様。

5年前から腰が痛くなり、接骨院、鍼灸院、整体院、マッサージ院などに通って腰痛治療をされてました。

ある時から痛み止めの飲み薬が効かなくなり整形外科を受診。

検査結果は腰椎すべり症と診断を受けられる。

整形外科では湿布と電気治療、マッサージ治療と週2~3回の通院を2ヶ月間通われたのですが、症状に回復の変化がなく、知り合いのご紹介で来院されました。
大変ハードなお仕事で毎日、腰の痛みと戦いながらの施術でした。
結果は辛かった腰の痛みは改善され今ではお仕事中も腰の不安はなくなったと喜ばれてます。
今回こちらの患者様が、当院の施術でどのように改善されたのか腰椎すべり症でお困りの方の為にご報告させていただきます。

身体はどんな状態だったのか?

身体が真っすぐ伸びなくお辛そうでした。

検査

骨盤が歪み仙骨が後方に変位。

右の股関節、左の足関節の動きが悪く引っかかり硬い。

背骨は左に捻じれた状態で柔軟性がない。

なぜ腰部すべり症を引き起こしていたのか?

腰椎すべり症とは椎体が下の椎体より約3分の1くらい前の方向にズレてきます。

すべり症は脊椎同士がズレた状態を言います。

同じ姿勢が続いたり、長時間の立ち仕事など重労働のあとに痛みが強くなります。

今回患者様は、仕事中は立ち仕事、中腰、しゃがみ姿勢、身体をねじる事も多く、腰に負担をかけ過ぎたと考えられました。

どんな施術をしたのか?

骨盤、仙骨、尾骨の調整

初回の施術は、患者様の腰痛が強く座位で行う。
骨盤が硬く、弾力がないため念入りに施術。
仙腸関節、仙骨、尾骨の安定施術後には、
上体が起きはじめる。

背骨、股関節、足関節

骨盤が安定後に背骨の調整。
さらに上体が緩み反りも大分楽になられてました。
次に、股関節、足関節の調整。
調整後は「こんな腰が楽なのは久しぶり」と喜んでおみえでした。

施術の効果はどうなったのか?

2回目の施術(7日後)
症状の戻りも若干ありましたが、最近にない楽に過ごせたと話されてました。
施術開始は骨盤のチェックからはじめ全身を調整。
3回目からは、1週間、2週間、3週間の間隔で施術を行い、合計10回の施術で、8割痛みの戻りなく過ごすことが出来るようになられ終了。
今は、1~2ヶ月に1回のメンテナンスに通われています。

腰部すべり症の方へ?

今回の患者様。
再発に気をつけられて、あまり無理だけはしないでお過ごしくださいね。
お伝えしたストレッチも続けてください。
痛みは、身体の歪み、姿勢や生活習慣が原因で起こる事が多いです。
身体の疲労が限界を超えた時に痛みが出てきます。
忙しくお過ごしの中で最低でも睡眠不足に気をつけて頂けたらと思います。
腰椎すべり症でお困りの方は今すぐご連絡お待ちしています。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

-患者様の声(腰部すべり症)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5