患者様の声(腰部すべり症)

激痛の腰部すべり症から普段の生活に戻れた患者様

「仕事も休み休みで腰部すべり症は治らないと諦めていた」

30代の患者様。

冷凍庫の中で力仕事の連続で2年前から腰に痛みが出はじめ整形外科を受診。

レントゲン、MRIと検査の結果は腰部すべり症と診断。

コルセットを作り痛み止めの薬を飲みながら毎日の生活。

最近になり左足に痺れが出て来て整形外科で手術を勧められたのですが、手術の前にダメもとでお友達のご紹介で当院に来院。

結果は痛み、痺れも取れて腰部すべり症は改善出来て腰の不安もなくなりお仕事も含め毎日の生活を過ごされてます。

今回、同じように腰部すべり症お悩みの方の為にこちらの患者様が当院の施術でどの様に良くなられたのかをお伝えさせて頂きたいと思います。

お身体の状態はどうだったのか?

腰の痛み足のシビレから、どんな動きでも常にお辛そうで、特に前にかがむ時に痛みが強く出る状態であった。

検査

左の仙腸関節の動きが悪く、腰仙関節、上部腰椎、下部胸椎、頸椎にズレあり。

右肩が巻き肩で手根骨にも問題があり。下肢は左の股関節、足関節に可動制限あり。

※身体全身の筋肉が凝り固まっていました。

なぜ腰部すべり症を引き起こしたのか?

こちらの患者様は、冷凍庫内で重量物の手作業のお仕事で身体の捻り動作で徐々に椎骨に負担が加わり腰部から脊柱全体の筋肉が常に緊張状態で硬くなり痛みシビレを引き起こしていたと思われました。

どんな施術をしたのか?

今回の問題は時に骨盤、股関節、肩関節、頸椎がポイントであった。

最初、骨盤の歪み調整を行い、続いて背骨の調整、手首、股関節、足関節の歪みを調整を終えた頃には痛みは5割程軽減されてました。

この様に前回のお身体の状態のバランスとを比較しながら、毎回セルフケアの仕方をお伝えしての施術でありました。

※全体のバランスを整える必要がありです。

施術の結果はどうなったのか?

最初、1週間に1回の施術を2回、10日に1回の施術を2回、2週間に1回の施術を2回と後、3週間、1ヶ月と間隔を空けながら、計12回で終了。

今は、1ヶ月~2ヶ月に1回のメンテナンスに通われています。

※毎日のセルフケアは必須です。

腰部すべり症の方へ

今回の患者さまの様に、負荷をかけた身体の捻り動作を常に続けていると椎間板に負担をかけ過ぎ痛み、シビレが出てきます。

当院の患者様はゴルフをやられている方が多いのですが、ゴルフも捻り動きが多いですよね。

日常生活の中で身体を捻る動作は案外多いですね。今現在、腰痛の方は注意が必要です。

病院で手術を勧められましたら、まずは保存療法、手技療法などを試される事をお勧めいたします。手術は最終手段ですね。

今現在、腰部すべり症でお悩みの方は一度ご連絡をお待ちしています。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(腰部すべり症)

© 2021 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5