患者様の声(慢性腰痛)

腰痛で毎日飲んでいた痛み止めの薬から解放できた患者様

「毎日の仕事が優鬱でした」

営業職で40代のお客様。

お仕事がスポーツ関係の営業職で毎日お車の運転とデスクワーク。

趣味はゴルフをされてます。

6年前から慢性的腰の痛みがあり、

以前は定期的に、整形外科と整体に通われ、

病院で出されている痛み止めのロキソニン毎日飲んでのお仕事。

趣味がゴルフで月に1回痛み止めの薬を飲みコルセットを巻いてのラウンド。

薬の効きも悪くなってきたそうです。

当院の施術の効果としましては、今は痛み止めの薬は飲まれていません。

今はゴルフの時に一応、薬とコルセットは万が一の時に持って行かれてるだけです。

それでは、今回同じ様に慢性腰痛でお困りの方に、もりやま整体院の施術でどの様に楽になられたのかをお伝えさせていただきます。

来院動機

最近、痛め止めの薬の効きが悪くなり、悩んでいたところ知り合いの方に当院の事を聞いてのご来院。

身体はどんな状態だったのか?

慢性的に腰が痛く長時間の車の運転デスクワークでも痛い状態でした。

検査

骨盤の動きが非常に悪く、腰部の筋肉も固まっていて上半身も動きは悪かったです。

姿勢も悪く猫背気味でした。

なぜ腰痛を引き起こしてしまったのか?

この方は、元々猫背で姿勢が悪くお仕事の内容もお車の営業とデスクワークの為、腰に負担がかかり過ぎていました。

猫背は骨盤が後傾し仙腸関節腰仙関節に特に負担がかかるようになり、慢性的な腰痛になりやすくなります。

 

どんな施術をしたのか?

仙腸関節と腰仙関節の調整

触診と動作確認。左の仙腸関節の後傾変位がひどい状態。

腰仙関節も固まっていて動きが悪い。

腰部、背部、股関節の調整

腰部、背部の筋硬結。右股関節の可動域制限あり。

施術の効果はどうなったのか?

初回の施術

骨盤内の殿筋もかなり凝り固まり、仙腸関節が動かない。

仙腸関節のロックを開放。腰仙関節腰部背骨の調整。

施術後、骨盤の後傾がなくなり骨盤が立ってきた。

この頃は上半身の動きも良くなり、患者さまも「腰が楽」と話されてる。

次に股関節の調整後に、全身の動きがスムーズに。

股関節の動きが悪いと腰を使い過ぎて腰痛になりやすい。

2回目(初回より7日後)

初回施術から4日間は殆ど痛みがない状態でしたが、5日目に少しずつ違和感が出はじめる。

本日は、骨盤、股関節徹底して調整。

股関節セルフケアをお伝えして本日終了。

その後、間隔を空けて計8回で終了

慢性腰痛の方へ

腰痛は以前、力仕事の男性に多かった症状でしたが、現在はパソコンの普及と共にデスクワークの女性の方の腰痛も多くなってきました。

原因は身体に疲労が溜まり過ぎると骨盤や腰椎、果ては首、足首が歪みだし身体を動かしたとき腰を多く使い過ぎてしまい、腰の筋肉が凝り固まり腰痛を引き起こします。

腰痛は人それぞれ歪みの原因が違いますので、原因をみつけて施術で歪みを調整する必要があります。

 

腰痛の原因は腰だけではありません。

例えば、草取りをするとき土から上の表面だけを取っても、根っこを根こそぎ取らないとまた生えてきますよね。それと一緒で腰痛も原因を根こそぎ取ってしまえば腰痛は解決です。

腰だけを施術してもまた症状が出てきます。腰だけが原因じゃないからです。

慢性腰痛でお悩みの方は今すぐご連絡お待ちしています。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2021 名古屋市守山区の腰痛、ヘルニアに強いもりやま整体院 Powered by AFFINGER5