患者様の声(慢性腰痛)

腰痛と胃腸の関連性とは?

何もしてなくて、ジ~と座っているだけでも腰が痛い方は胃腸の働きが悪くなっているかも?

今まで腰痛の経験がなく、動いていなくても最近、腰に違和感を感じ始めている方は今回の記事の内容が必見です。

是非、ご参考にしてみてください。

主な腰痛の原因は?

腰痛で一般的に知られている病名が「腰椎椎間板ヘルニア」とか「腰椎すべり症」などがありますが、多く人が勘違いしているのが原因が骨にあると思われている事ですが、ほとんどの腰痛の原因は筋肉が炎症し損傷を起こしています。

腰痛と胃腸の関係とは?

皆様は、まさか腰痛は背中側が痛くなり、胃腸は内臓のため何の関係もないと思われていませんか?実は凄く関係性があります。

先ずは人体は命を守るためには内臓が優先されますが、骨や筋肉はその内臓を守ろうとする役割をします。

胃腸が疲れると体はまずは背中の筋肉を緊張させ硬くします。すると次にお腹の筋肉(腹筋など)も緊張し始め硬くなってしまいます。

疲れてくると体は先ずは背中の筋肉を緊張させ、次にお腹の筋肉を緊張させ筋肉を硬くさせます。

背中側の筋肉」と「お腹の筋肉」はお互いに密接な関係で支えながら引っ張り合っているわけなんですね。

胃腸の働き

胃腸が疲れてくると甘い物とか脂っこい物を欲しがると言われています。

疲れれば疲れる程、甘い物、脂っこい物を取り過ぎてしまう悪巡回になり、結果、暴飲暴食になって胃腸がさらに疲れてしまいます。

 

※胃腸を回復させるためには我慢が必要になりますが、先ずは「”暴飲暴食”」をなるべく避ける事です。

危険な腰痛

胃腸の疲れからの腰痛以外で万が一、胃腸が病気であったりすれば、腹痛・吐き気・嘔吐・血便などの症状が現れます。

このような場合は、先ずは病院に行かれてください。

体を動かしていないのに腰が痛い状態が続けば注意が必要です。

まとめ

山田竜矢

胃腸が疲れる原因は精神的ストレスも多くあります。

腰痛の原因の1つに胃腸の不調があります。

しっかり寝ても疲れが取れない時は胃腸も疲れています。

疲れが溜まってきたら意識的にリラックスタイムをとることも必要かもですね!

今回の内容が腰痛でお悩みの方へのお役に立てれば幸いです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

 

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

TOPに戻る

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5