患者様の声(ぎっくり腰)

ぎっくり腰で救急車を呼んでも良いの?

「ぎっくり腰になり1ミリも動けなくなってしまった時、果たして救急車を呼んでも良いものなのか?」

ぎっくり腰、程度で救急車を呼ぶと迷惑にならないのか?

迷ったことはありませんか?

「確かに腰痛で救急車は?」と考えてしまう方が、実際には多いようです。

しかし、腰痛でも一刻を争うほどの腰痛も実際にあります。

そこで今回は、ぎっくり腰など腰痛全般で救急車を呼ぶべきか?呼ばなくて良いのか?についてお伝えさせて頂きました。

では実際に、ぎっくり腰で救急車を呼んでの良いのか?

実際には、ぎっくり腰で救急車呼ぶことは控えた方が良いです。

確かに、ぎっくり腰での痛みはかなり強いときには「ああ全く動けない!!どうしたらいいの?」と焦ってしまいますよね。

そこで少し冷静になっていただきたいのですが、一般的なぎっくり腰は痛みのでない横向きなどの姿勢を探し気持ちを落ち着かせ患部をアイシングすることで、少しずつ痛みが和らいでいくケースが多いです。

仮に救急車を呼んだり、夜間の病院を受診したりしても、

命に関わるケース以外は、

・安静にしていたら治りますよ

・後日にまた検査しますので来てください

など、痛いまま帰ってきたという話しもあるようです。

 

ぎっくり腰で救急車を呼んだりすることは禁止はされていませんし、夜間の緊急病院を受診されても大丈夫ですが、生命に関わる緊急以外は自宅で安静にして様子をみて下さいと言われる事が現状もあるようです。

腰の痛みで救急車を呼んだり、夜間の緊急病院を受診する目安

腰痛で救急車や夜間緊急病院を利用する場合は、まず基礎疾患があるケースです。

ぎっくり腰など動けなくなった時に少し時間が経ってから症状の変化を見てからの判断になります。

内臓の病気が隠れているかもしれないからです。

 

下記の症状が見られたら、早急にかかりつけの医院や整形外科の受診が必要です。

何もしていなくても痛い

・痛みが楽になる姿勢がない

・冷や汗が出たり、発熱がある

・痛みがどんどん強くなる

・排尿、排便をコントロールできない

・お尻や足先にかけて痛みやしびれ、感覚麻痺の状態である

このように腰だけでない部分まで痛みが出ている場合や吐き気を伴う腰痛があるなどは、救急車を呼んだり、夜間の緊急病院への受診が必要なケースもあります。

迷ってしまったら相談センターへ

そうは言っても、突然激痛が襲ったりしたら、どうしたら良いのか判断に迷う場合があると思います。

「何となく家族の様子がおかしいけど、救急車を呼んだ方が良いのかな~」

「体調が悪いけど病院に行った方がいいのかな~」など、

この様な時、あなたならどうしますか?迷いませんか?

 

そんな時には、”全国救急センター”に相談しましょう。

専門家からアドバイスが受けられます。

 

特に救急車を本当に必要とする方の為に、救急車の適正な利用に協力が必要の様です。

近年は、救急車の出動件数が増えており、現場までの到着時間も遅くなっているそうです。

その為に、具合が悪くなって判断に迷われた時には、下記の相談センターをご活用ください。

 

全国の一般救急相談センター窓口一覧

まとめ

山田竜矢

今回は、ぎっくり腰になった時に、救急車を呼んでも良いのか?どんな症状の時に救急車を呼ぶべきなのか?についてお伝えさせて頂きました。

万が一ぎっくり腰になった時には、まず焦らず楽な姿勢を探して痛い部分をアイシングすることで痛みが軽減することもすくなくありませんので、すぐに救急車を呼んだり、夜間の緊急外来の受診は控えた方が良さそうです。

しかし、基礎疾患がある方で、腰痛が基礎疾患と関連が疑われるケースや吐き気を伴う腰痛や、腰以外の部分まで痛みや痺れがあるケースは救急車や、夜間の緊急病院への受診を検討しましょう。

万が一、自分での判断が難しく迷われた場合は救急相談センターに電話し、専門家からのアドバイスを受けられてください。

焦らず、落ち着いた行動を心がけましょう。

今回の内容があなたの参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

TOPに戻る

-患者様の声(ぎっくり腰)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5