患者様の声(ぎっくり腰)

初めてのぎっくり腰の激痛!今は園児と楽しく遊べます

「ぎっくり腰がこんなに痛いとは思わなかったです」

30代で保母さんの患者様。

ある時、園児が急に飛び掛かってきて「ぐぅ!」と抱えた瞬間に腰が「ギクッ」となり立てなくなりなりました。

その日に何とか病院に行きシップと痛み止めの飲み薬を頂き1週間程で腰の痛みはだいぶ良くなっていきましたが腰を伸ばすことが出来なくなり無理に伸ばそうとすると痛い状態でした。

結果、当院に来院されてぎっくり腰の痛みは取れて腰も伸び普段通り園児と一緒に走り回る事が出きる様になられました。

今回の様に、突然ぎっくり腰になったりしてお困り時のあなたの為に当院でどの様な施術をしたのかをお伝えさせていただきたいと思います。

来院の動機

ホームページで腰痛専門であったのと口コミを見て来院しました。

患者様のお身体の状態はどうだったのか?

身体が伸びなくて腰周辺の筋肉は筋硬直でかなりの痛みを訴えられていました。

問診の内容から

何か思い当たる原因はありますか?

最近腰のハリが気にはなっていました。

どの様な動きで痛いですか?

身体真っすぐにする時に痛いです。

歩くとズキンと腰に響きます。

他に気になる症状はありますか?

肩こりがあります。

検査

左の仙腸関節の可動域制限あり。右の腸骨が後方回旋。腰仙関節の可動域制限あり。

第5腰椎から第9胸椎までの椎間関節のズレあり。

股関節が硬く可動域制限あり。

※重要ポイント仙腸関節、腰仙関節、脊柱、股関節。

何故ぎっくり腰を引き起こしてしまったのか?

腰に疲労が蓄積していたところ、衝撃が仙腸関節の可動域を妨げ腰仙関節もズレ、脊柱、股関節でも支えきれなくなって腰の筋肉組織が限界を超えてぎっくり腰を引き起こしたと考えられました。

どのような施術をしたのか?

骨盤、腰仙関節、椎間関節の調整

仙腸関節の可動域制限を調整。これで骨盤の窮屈さも楽になります。

続いて腰仙関節の調整で上体も起きるようになります。

腰椎、胸椎の椎間関節を調整すればほぼ上半身の動きも楽になります。

股関節の調整、全身の微調整

股関節の硬さ解除調整を行い終了後は立ち上がって歩くこともスムーズに歩けるようになられました。

施術の結果はどうなったのか?

最初は週に2回施術を行い次に週に1回の施術を2回行い合計4回で終了し元の健康な状態に戻ることができました。

ぎっくり腰の方へコメント

全身疲労、特に腰周辺に違和感が出はじめたらぎっくり腰の前兆だと思って下さい。

骨盤周辺の筋肉、筋膜、靭帯組織が固まって動きが悪くなって、限界を超えた時にぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

日頃からのセルフケアを行い腰痛の予防が必要です。

定期的にぎっくり腰をするとか、もう二度とあの痛みは懲り懲りで身体の調整をお望みであるのでしたら是非一度ご連絡をお待ちしております。

あなたのお手伝いができれば幸いです。

本日も最後までありがとうございました。

 

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(ぎっくり腰)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5