患者様の声(坐骨神経痛)

異常がないと診断された坐骨神経痛!今は痛くないです。

「腰の痛みと足のシビレで仕事中の手積み作業が辛かった」

30代の患者様。

一日立ち仕事で同じ連続作業の繰り返しで腰痛になり整形外科を受診。検査結果は異常なしと診断。

コルセットを作り1ヶ月程リハビリマッサージ、電気治療に通われたのですが腰の痛みは取れず湿布を貼り鎮痛剤を飲みながらの生活をされてました。

他にハリ治療、整骨院と通われてましたが、思うように良くならなかったそうです。

当院に通うようになられ結果、坐骨神経痛の痛みとシビレは解消でき元の元気なお身体に戻られました。

今回の患者様の様に日頃から坐骨神経痛の痛みとシビレで仕事も辛いし趣味のゴルフも出来ないとかお困りの方の為に当院の施術でどの様に良くなられたのかをお伝えさせていただきます。

来院の動機

ネット検索で腰に良い所を探していたら腰痛専門としてあったのでこちらに決めて来院しました。

身体の状態はどうだったのか?

腰部から背部、臀部と筋肉がカチカチで腰の痛みは慢性化していてお辛い状態でした。

問診から

その症状はいつ頃からですか?

2年前ぐらいです。

どの動きで痛いですか?

身体を前に曲げた時がかなり痛いです。

検査

左仙腸関節の可動域制限あり。腰仙関節のズレ。臀部(梨状筋)に筋硬直あり。

股関節の動きが悪く固い。

※痛みのポイント:骨盤と股関節

なぜ坐骨神経痛を引き起こしてしまったのか?

お仕事中の作業が腰を捻る連続運動で骨盤がロック状態なり動きが悪くなり股関節の運動制限が起こり時間の経過とともに腰からお尻の筋肉が硬くなり身体を前に屈めると坐骨神経が引っ張られ痛みシビレを引き起こしていました。

どのような施術をしたのか?

骨盤、腰仙関節、脊柱の椎間関節の調整

まずは仙腸関節の可動域制限がありますからしっかり動きをつけるために仙腸関節のロックを解除。

次に腰仙関節のズレを調整し背骨の椎間関節の調整後は動作痛は先程より軽減。

股関節、足関節の調整

前屈時に痛みがありますので股関節と足関節の調整は必須になります。調整後は動作痛も5割減っていました。

2回目以降も初回と比較しながら細かい筋膜、靭帯も含め全身のバランスを調整。

施術の結果はどうなったのか?

合計7回の施術トータル2ヶ月で終了。

患者様のコメント

今はどの動きも腰の痛みは無く安心して仕事も出来ています。

教えて頂いたエクササイズは習慣化出来るようにやっていきます。

ありがとうございました。

院長からのコメント

今回の患者様は以前ボクシングをやられていて腰の違和感はたまにあったと話されていました。

身体の捻り動作は骨盤の動きが悪くなり椎間板に負担を与えやすくなります。

すると腰椎椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛にも繋がって痛みやシビレが出てきます。

日頃から骨盤、股関節周りのエクササイズを行うことで坐骨神経痛の予防にもなります。

今現在、坐骨神経痛の痛みシビレでお困りでしたら一度ご連絡をお待ちしています。

あなたのお役に立てれば幸いです。

 

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

-患者様の声(坐骨神経痛)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5