患者様の声(坐骨神経痛)

坐骨神経痛が治らなかった本当の原因とは?

画像検査に頼らない

レントゲン、MRI、CTなどの画像検査や血液検査は痛みが骨折やリウマチ、悪性腫瘍、感染症があるのかを見極める事で行われため、坐骨神経痛や慢性腰痛など筋肉に問題がある場合は画像検査をしても映りません。

画像で問題が映らないと原因不明の坐骨神経痛になり、湿布や痛み止めの服用で「様子をみましょう」と告げられます。

痛みがすぐ戻る

お尻や、腰に痛みがあって湿布を貼ったり鎮痛剤を飲んだりハリを打って、一時的に良くなってすぐまた痛みが戻る場合は他に原因がある事が多いです。

中には背中や肩に原因があって腰に痛みが出る事も。

結果は肩甲骨に原因が!

坐骨神経の痛みシビレも原因を探って行くと背中周辺の筋肉が硬くなり過ぎて腰に痛みを出しているケースもあります。

元々背中、肩、首のコリがあり、コリ過ぎてくると腰で庇おうとして腰痛を引き起こす場合もあるのです。

中々、痛みが改善しない場合は痛い場所以外に原因が殆ど潜んでいます。

姿勢を気にし過ぎて改善を遅らせる

こちらの患者様は、今まで良い姿勢?を気にし過ぎて常に背中、肩、周辺の筋肉を緊張させていたため結果、坐骨神経痛の改善を遅らせてました。

まとめ

山田達也

当院の腰痛患者様は、病院で電気治療や痛み止め、湿布を処方され「少し様子を見ましょう」と告げられた方が多く来院させます。

坐骨神経痛が病院での保存療法で改善される方もおられますが改善出来なかった方が「手術しか方法がない」と病院で言われ手術を回避したくて当院に来院される方もおられます。

筋肉の問題での坐骨神経の痛みシビレであれば殆ど手術は回避できます。

今、坐骨神経の痛みシビレで困られている方は是非一度ご連絡をお待ちしております。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

坐骨神経痛でお悩みの方はこちらから

-患者様の声(坐骨神経痛)

© 2021 名古屋市守山区の腰痛、ヘルニアに強いもりやま整体院 Powered by AFFINGER5