患者様の声(ぎっくり腰)

ギックリ腰で歩けなかった痛みから解放できた患者様

 

「今回のギックリ腰は今までにない痛みで辛かったです」

50才で建設業の現場監督さん。

元々慢性腰痛で、よくギックリ腰も繰り返すため、整形外科、接骨院、マッサージ院などを定期的に通われてました。

今回はシップを貼って鎮痛剤を飲んで今までは治っていた痛みが引かず仕事ができない状態の為、ホームページ経由で来院。

結果は、今までになかった程のギックリ腰の痛みは改善され現場に復帰されました。

慢性的に痛かった腰も最近は調子が良いと喜ばれてます。

今回、患者様がどのように当院の施術で慢性腰痛からのギックリ腰が良くなられたのかをお伝えさせていただきます。

同じように、良くギックリ腰を繰り返など腰痛でお悩みの方へ、ご参考にして頂ければ幸いです。

来院の動機

腰痛専門であったのと、家から近かったので。

お身体の状態はどうだったのか?

腰に手を添えて何とか歩ける状態でした。

問診より

いつから痛みがありますか?

4日前です。

何か思い当たる原因はありますか?

仕事が忙しかったのと3年前から腰痛があります。

どのような動きで痛いですか?

どの動きも痛いですが、特に前に曲げると激痛です。

検査

・左仙腸関節の動きに制限あり

・右の腸骨が後方変位

・右の上部脊柱起立筋が筋硬直

・左股関節の可動制限に問題あり

・右足関節の可動域が悪い

今回、何故ぎっくり腰を引き起こしてしまったのか?

検査結果からの判断では数年前に右足ねん挫があり、右足関節が元の関節の動きに戻ってない状態で痛みが取れ、そのまま過ごされていたため慢性腰痛になり今回もギックリ腰を引き起こしてしまったと推測できました。

※ねん挫の古傷が慢性腰痛の元の原因でした。

どのような施術を行ったのか?

今回のギックリ腰と慢性腰痛の症状に対しては、特にこの2つのポイントで施術を行いました。

施術の2つのポイント

・仙腸関節、大腰筋の調整

・足関節の調整

初回は、まず骨盤内の左仙腸関節の可動域制限を解除し腹部の硬さを緩めた頃には前曲げも楽に動けてました。

続いて左右の足関節の動きを均等にする施術を行い初回は終了。

※施術後は普通に歩かれてました。

以後、2回目に繋げる。

施術の結果はどうだったのか?

合計6回の施術で今までの慢性腰痛の不安もなくなり日頃のストレッチをお伝えし終了。

今は1~2ヶ月に1回の腰痛予防に来院されてます。

患者様のコメント

まさか、足首の硬さが腰痛やギックリ腰の原因だったとは驚きでした。

これからは教えて頂いたストレッチを日頃からやります。

ありがとうございました。

またよろしくお願いします。

院長からのまとめ

山田竜矢

今回のように慢性症状は痛みと原因は違う所にある場合が殆どです。

中々、痛みが改善しない方は痛みが出ている他の原因を見つけて施術を行わなければ、いたちごっこで改善は難しいです。

同じように痛みやシビレでお仕事や家事、趣味のスポーツなどが思いっきり出来なくて辛いと悩まれている方は是非一度ご連絡をお待ちしております。

 

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(ぎっくり腰)

© 2021 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5