患者様の声(ぎっくり腰)

介護疲れで鬱状態からのぎっくり腰が改善出来た患者様

 

「好きな山登りが出来なくなった」

58才の立ち仕事の女性

2年前から実の母親がお身体の調子が悪くなり介護をするように。こちらの患者様は、仕事をされていたため仕事始めや仕事終わりに車で片道1時間かけての介護が続き鬱のようになり身体がボロボロに!

元々慢性的に腰痛があり、ある朝、靴下を履こうと前に屈んだ時、腰に激痛が!そのまま立てなくなり1日安静に。母親の介護があるし最悪な状態。翌日にホームページで当院を見つけて頂き何とか来院。

今までにぎっくり腰も何回か繰り返しあったそうです。

結果は、ぎっくり腰は良くなられ動けるようになり、今は元気に立ち仕事、お母様の介護、家事と頑張っておられます。

今回、同じように慢性腰痛からぎっくり腰が癖になってるお困りの方の為に当院でどの様に回復されたのかをご報告させていただきます。

お身体の状態はどうだったのか?

腰に手を当て何とか歩ける状態で、壁に手をついて立っている方が楽だとおっしゃてました。「座ると立ち上がる時に痛いから」と。

*他に、肩こりあり。

検査

視診、問診、触診、動診の検査。見るからに腰、膝は伸びなく上半身は左に捻じれている。

問診で普段のお勤めの立ち仕事も忙しくプラスお母様の介護で神経も肉体も限界を超えていると感じました。顔色が悪く、肌ツヤもなくやつれ果ててました。

骨盤は右仙腸関節の歪み、脊柱は弾力が全くなくガチガチに凝り固まって身体は真っすぐに伸びない。

今回のぎっくり腰は上半身の歪からの問題がかなりあったと推測しました。

*施術ポイントは、骨盤と脊柱

骨盤

 

骨盤は身体にとっての部分です。骨盤が安定しないと上半身、下半身を支えられません。

立っている姿勢不安定になります。

脊柱

骨盤が安定すれば背骨も骨盤に対して柔軟性が出て立った時も安定感が出てきます。

上半身にしなりが出てきて疲れにくい身体になります。

何故ぎっくり腰を引き起こしてしまったのか?

こちらの患者様は見た目は背筋が伸びて良い姿勢でありますが、普段から良い姿勢をとらないといけないと意識しすぎて上半身に力が入り過ぎていた傾向にありました。

今回はプラスお母様の介護もあり慢性疲労状態であったため腰から背骨の筋硬直を招き、ぎっくり腰になってしまったと思われました。

どのような施術をしたのか?

今回は背骨の筋肉が凝り固まり過ぎて上半身も捻じれ、立った姿勢で先に脊柱の歪みを調整しました。すると骨盤にも弾力が出てきました。

座る事も楽になられたので次に骨盤の歪み調整を行い、もう一度背骨の調整を行って初日は終了しました。

施術終了後は痛みも取れてスタスタと歩くことも出来ました。

この様に骨盤、脊柱を徹底して施術を行い更にお身体を安定させれために股関節、足関節と全身調整を行っていきました。

施術の結果はどうなったのか?

腰の痛みは一回で取れましたが、他に慢性腰痛と肩こりの症状がありましたので、間隔を空けながら2回目以降の施術を行い計6回で終わりました。

今は1ヶ月に1回のメンテナンスで健康維持をされてます。

院長からのコメント

立ち仕事とお母様の介護、そして家事とホント頑張り過ぎてしまい今回ぎっくり腰になられ大変だったと思います。

今回、慢性腰痛と肩こりも楽になられ良かったですね。好きな山登りもたまにされてるそうです。

今後は少しでも疲れを溜めないようにお伝えしたセルフケアを忘れずに行って下さいね。

慢性腰痛からぎっくり腰が癖になっている方へ

よく、ぎっくり腰は癖になる聞きますが、そんなことはありません。

まず身体のバランスを調整し後は疲れを溜めないようにすれば殆どぎっくり腰になりません。

コツ疲れを溜めない事ですので基本睡眠不足にならないようにすれば大丈夫です。

それでもご心配の方は今すぐ下記までご連絡をくださいませ。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(ぎっくり腰)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5