患者様の声(坐骨神経痛)

坐骨神経痛が改善!またランニングが出来ます。

「腰が痛いのに無理して趣味のランニングをしていた」

30代の患者様。

2年前位から腰の痛みはあったのですが今回ばかりは痛みが強く足のシビレもあり走る事も家事も辛くなり整形外科を受診。

レントゲン検査では坐骨神経痛と診断。

元々腰痛が少しでも良くならればと思い最初はウオーキングから始められ今は趣味になったランニングを無理なく走っていれば腰の調子が良かったと。

腰痛は、たまに治療院でマッサージやハリ治療を受けていたそうです。

今回は整形外科さんの湿布も痛み止めの飲み薬も電気治療も治療院のマッサージ、ハリ治療も痛みは良くならず、ご紹介で来院。

来院時は、ぎっくり腰のような強い痛みがありました。

結果は坐骨神経痛の強い痛みとシビレは改善出来、今は目標のフルマラソンに備え頑張られてます。

今回、同じように坐骨神経痛の痛みで趣味のスポーツが出来ないとか日常の生活が辛いなどお困りの方の為に、当院の施術でこちらの患者様がどの様に良くなられたのかをお伝えさせていただきます。

来院の動機

旦那様からのご紹介で来院されました。

お身体の状態はどうだったのか?

腰部、背部の筋肉がカチカチの状態で凝り固まり歩行困難で腰全体に痛み足のシビレがありました。

問診より

その症状はいつ頃からですか?

2日前に腰がギクッとなりました。

何か思い当たる原因はありますか?

元々、腰痛は出産後からありました。今回は腰が痛い中で暇さえあればランニングをしていました。

どの様な動きで痛いですか?

座って立ち上がる時に特に痛いです。

家事の時、前に屈んでも痛いです。

検査

仙腸関節、腰仙関節の歪み、臀部の筋拘縮あり。

脊柱起立筋の歪みと股関節、足関節の可動域制限を確認。

なぜ坐骨神経痛を引き起こしてしまったのか?

今回は、坐骨神経痛からのぎっくり腰の様な症状でした。

仙腸関節が全く動いていなくて全体のバランスが悪くなり各部位をかばい合いながら腰の筋肉に限界がきてしまい筋肉が損傷して坐骨神経痛を引き起こしていたと思われました。

どの様な施術をしたのか?

先ずは仙腸関節の硬さを取り除き骨盤の動きをスムーズにし次に腰仙関節、脊柱の深層の筋膜の癒着を剥がす。

この頃は腰の痛みもかなり良くなる。

股関節、足関節調整を行い、セルフケアのアドバイスをお伝えし2回目の予約を受けて初回は終了。

※施術の手ごたえあり。

施術の結果はどうだったのか?

3回の施術で腰の痛みは取れ軽いランニングが出来るまで回復。

計7回で坐骨神経痛のシビレも良くなれました。

今は1ヶ月~2ヶ月に1回のメンテナンスに通われてます。

患者様のコメント

日頃のセルフケアの方法を行うことで腰の状態も安定しています。

怠ればまた腰が重くなるのでセルフケアは毎日行います。

これからもよろしくお願いします。

院長から一言

痛みの元は疲労です。

痛みの原因を取り除き日頃からセルフケアをすれば痛みの不安が無くなります。

今回の患者様はフルマラソン完走の目標がありますので特に日頃のセルフケアは必須ですね!

フルマラソン完走に向け頑張ってください。

坐骨神経痛の痛みとシビレの改善おめでとうございました。

今現在、坐骨神経痛の痛みシビレで毎日の生活が辛いなどお悩みの方は是非一度ご連絡をお待ちしております。

お役に立てれば幸いです。

本日も最後までありがとうございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(坐骨神経痛)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5