患者様の声(慢性腰痛)

腰痛コルセットの危険性ってご存知ですか?

腰痛にはコルセットが安心?

患者様から、たまに「腰痛コルセットはず~と着け続けていたほうが良いですか?」と質問を頂きます。

日本の人口の3人に1人に腰痛を発症していると言われてます。

その8割の人の腰痛は原因不明と言われています。

万が一腰に痛みが出てしまった時には先ず安静にすることです。

しかし、お仕事や家事など忙しい日々は、ジッとしている事が難しい時は整形外科に行くと勧められるのがコルセットではないでしょうか?

確かにコルセットの効果として装着をすると腹圧が上昇し腰が安定し痛みが軽減します。

しかし痛みが治まってもコルセットを着けている安心感からか、ず~とコルセットを着け続けてしまう方がかなりおられます。

そこで、コルセットを着け続ける危険性についてお伝えしたいと思います。

コルセットを着けているのに腰痛が改善しない方も、是非ご参考にして頂ければ幸いです。

コルセットには種類があります

硬性コルセット

金属やプラスチック素材などで体幹をぐるっと覆うようなタイプで術後や圧迫骨折の固定など、強固な固定が必要な際に選択され、脊柱の動きを制限することが主な役割になります。

軟性コルセット

メッシュ素材の布地などで制作されたもので、慢性腰痛椎間板ヘルニア腰椎すべり症分離症、などの固定に使われ、コルセットをつけることで腹圧の上昇、保温、体幹の安定性などの効果が期待出来ます。

コルセットを装着し続けることで起こる危険性

コルセットが手放せなくなる

朝、顔を洗う時に前かがみになった時とか、物を持ち上げた時などに激痛が走った経験のある人は、その痛みに対する恐怖心で腰痛コルセットを巻いている安心感から手放せなくなってしまう場合があります。

腰痛コルセットは、普段は痛みが気になるときにのみ使用すると良いです。

痛みがなくなったにもかかわらず使い続けてしまうと、腰回りの筋肉が使われずに衰えてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

姿勢が悪くなる

お腹を圧迫してしまうことで、身体が前に屈むような猫背の姿勢や首への負担が掛かる姿勢になり、さらにまた腰にも負担が掛かり、またまた悪循環で姿勢も悪くなります。

長い時間の装着はさける

コルセットを長い時間、装着し続けると、動きが制限され腰以外の筋肉にストレスが掛かってしまうことがあります。

なるべくなら家事の時だけとか、仕事の時だけとか、時間を決めてコルセットを使用すると良いです。

腰痛の改善が遠のく

腰の痛みを改善する為には、腰回りの筋肉が必要になります。

コルセットを装着し続けていると、腰回りの筋肉を使わくなり筋力が弱まっていく一方なので腰痛改善には遠のいていってしまいます。

大切なのはケア

腰痛コルセットは、使い方によっては、たくさんの危険が潜んでいます。

しかし、コルセットを使ったほうが治りが早い時もありますので、使い方次第です。

あくまでもコルセットに頼り過ぎると、筋肉を使わなくなり、筋肉が低下しているに過ぎません。

なので、日々生活で使わなくなった筋肉をコルセットを外した時にストレッチなどをすることで、腰痛改善、予防につながります。

大切なのことは、癖のようにコルセットを着けることではなくて、どんな時に使うのかを考え、同時にコルセットを外している時はウオーキングなど、最初は1日10分からで良いので足腰の筋力を鍛えることです。

まとめ

山田達也

コルセットに頼りすぎないことです

基本、コルセットは痛みのあるときだけ使うことです。

着けていると腰が楽なために、コルセットが手放せなくなってしまうことがないように、痛みがひいたら使用をやめることも大切です。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

コルセットが手放せた患者様はこちらから

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2021 名古屋市守山区の腰痛、ヘルニアに強いもりやま整体院 Powered by AFFINGER5