患者様の声(慢性腰痛)

サウナで温めることって腰痛に効果があるの?

サウナ愛好家は多くいらっしゃいます。

リラックスも出来ますし、デドックス効果として人気も高まっています。

そんな中で、腰痛の方はサウナに入っても良いのでしょうか?

結論から言うと入っても良いですが、腰痛の症状によっては入り方を考えるべきです。

 

今回はあなたの腰痛がサウナに入っても良いか悪いかがわかる内容になっています。

是非、ご参考にしてみてください。

常に腰に不安がある慢性腰痛の場合

疲労性の腰痛というのは腰周辺の筋肉が血行不良になって、その影響で筋肉が固まり痛みが発生します。

そのため、サウナで体を温め、全身の血行が良くなれば固い筋肉も和らぎ、腰痛が軽減したりしますので、サウナに入っても大丈夫です。

実際にサウナに入って、腰の痛みが楽になったという話は良く聞きますので、積極的に試しても良いと思います。

ぎっくり腰のような急性の腰痛は?

ぎっくり腰の場合は”基本”、サウナに入らない方が良いです。

ぎっくり腰は、筋肉がねん挫の状態で炎症を起こして赤く腫れたり、熱をもったりして痛くなりますので、先ずは患部を冷やすことが通常の処置になります。

そのためサウナで温めてしまうと血液の流れが良くなりすぎ、ぎっくり腰の炎症がさらに進み、ズキズキ疼いたりして痛みが増して余計に辛くなる場合があるからです。

 

が、しかし、ぎっくり腰でもサウナに入っても良い場合があります。

ぎっくり腰の痛みでも炎症が弱いぎっくり腰があるため、このような場合はサウナに入った時にズキズキ疼かなくて気持ち良さが感じられれば血行が良くなりますので痛みの回復は早くなります。

ご参考までに。

サウナに入る良い点と悪い点は?

良い点

サウナは様々な効果があると言われていますが、、、

良い点は、血液の流れが良くなり疲労物質が取り除かれたり、リラックス効果でストレスが軽減したりで免疫力の向上も期待できることでしょうか。

慢性腰痛などは疲労が溜まり過ぎも原因の1つですのでサウナに入り疲労回復の効果もあります。

悪い点

当たり前ですが、いくらサウナに入って腰痛が楽になったとしても、

心臓疾患など基礎疾患がある方は主治医に必ず相談が必要です。

まとめ

山田竜矢

サウナは健康法の1つとして現在、非常に人気があります。

疲労性の腰痛で筋肉が緊張し固まった場合、サウナで温める事で筋肉がほぐれ楽になるケースも良くあります。

気を付けて頂きたい場合は、ぎっくり腰のような強い炎症で痛みがある場合はサウナの入り方を考えなくてはなりませんし、心臓病など基礎疾患のある方は医師との相談が必要になります。

なので、お体と相談しながらサウナを楽しんで頂けたらと思います。

是非、今回の内容をご参考にして頂ければ幸いです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

TOPに戻る

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5