患者様の声(腰部椎間板ヘルニア)

辛かった腰痛!今は仕事中のコルセットつけてません。

「仕事中は腰が痛く必ずコルセットが必要だった」

大手スーパーの責任者である30代の患者様。

10代の頃から慢性的に腰が痛く整形外科では腰部ヘルニアと診断。

整形外科でコルセットを作られ以後現在まで仕事中は必ずコルセットを巻き定期的にマッサージを受けたり湿布を貼ったり痛み止めの薬を飲んだり腰痛対策をして仕事を頑張られてました。

最近になり腰の痛みが強くなり根本から腰痛を治したいとの思いで義理のお母様のご紹介で来院されました。

結果は、辛かった慢性腰痛は改善され今は長年巻いていたコルセットは付けることは無くお仕事、頑張られてます。

今回、こちらの患者様の様に腰の痛みで仕事、家事など辛い生活をされてお困りの方の為に当院でどの様な施術で良くなられたのかをお伝えさせていただきます。

来院動機

「義理のお母さんからしっかり治してもらえるから行くと良いよ」と勧められてきました。

患者様のお身体の状態はどうだったのか?

長年コルセットを巻かれていたので腰部の筋肉はカチカチに固まっていて腰の痛みがお辛そうでした。

問診より

一番痛かったのはいつですか?

1ヶ月前からです。

何か思い当たる原因はありますか?

毎日の仕事の疲れがありました。

どの様な動きで痛いですか?

前に曲げるとかなり痛いです。

他に気になる症状はありますか?

肩こり、首こりとたまに頭痛があります。

検査

骨盤が歪み左仙腸関節の可動域制限。仙骨が右に傾き腰仙関節の動きも悪く股関節、足関節も硬く問題あり。

脊柱が右に傾き頸椎がストレートネックで頭蓋にも歪みあり。

 

※腰背部の筋硬直

※猫背で全体のバランスが悪い。

 

なぜ腰痛を引き起こしてしまったのか?

長年のコルセット着用で身体全体のバランスが取りづらくなり腰に負担が掛かり過ぎて腰痛を引き起こしていました。

どの様な施術をしたのか?

骨盤、多裂筋の筋膜調整

左仙腸関節の可動域制限を解除。腰仙関節、L4~L3調整。

脊柱、頸椎、頭蓋の調整

右脊柱起立筋のバランス、頸椎1~2番の調整。頭蓋硬膜調整

股関節、足関節の調整

左股関節、足関節の可動制限を調整。

 

※施術後は腰の軽さ、身体の軽さ、頭のスッキリ感を実感される。最後はウトウトされる。

 

施術の結果はどうだったのか?

週1回の施術を3回、10回に1回の施術を2回と間隔を空けながら調整し症状が戻らなくなり計8回で終了。

メンテナンス希望。

患者様のコメント

コルセットは付けているものだと思っていました。

調整をして頂くうちにコルセットを付けなくて仕事が出来るようになりました。

これもストレッチの仕方、姿勢、日頃の体の使い方を教えて頂いたお蔭です。

メンテナンスに通いますのでまたよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

腰痛の方へ

今回の患者様はコルセットは付けていて当たり前の様になっていました。

最初は付けていて楽ですがコルセットを使い過ぎると腰の筋肉は徐々に固まり身体全体のバランスも悪くなっていき悪循環です。

先ずは腰痛の原因を見つけ身体のバランスが整い始めたらコルセットを外す方向に持って行かなければ改善は望めません。

今、腰痛で日常生活、仕事、家事などでお困りの方は是非一度ご連絡をお待ちしております。

お役に立てれば幸いです。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(腰部椎間板ヘルニア)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5