患者様の声(坐骨神経痛)

坐骨神経痛の方がマラソン大会に出場できた患者さま

「坐骨神経痛でギックリ腰を繰り返していました」

飲食店にお勤めの45才の女性。

ギックリ腰が癖になり仕事も休みがちな日々の生活。

定期的に整形外科を受診されていましたが、良くならず辛い日々を送られてました。

整形外科では、シップとマッサージを受けてましたが、一向に良くならず、お友達のご紹介で来院して頂きました。

来院時は肩こりからくる吐き気もありました。

施術を行って結果は、趣味がジョギングでマラソン大会に出場できました。

坐骨神経痛でお困りの方。
当院で行った施術のご報告になります。

身体はどんな状態だったのか?

検査

先天性の側湾症があり、かなりお身体には常に負担がかかっている状態でした。

猫背で骨盤の歪みあり

骨盤が歪んでいると身体全体が歪み出します。

なぜ側湾症が坐骨神経痛を引き起こしていたのか?

原因

側湾症方は一般の方より骨盤、腰部、背骨の歪みがあり、神経が圧迫され坐骨神経痛の症状に繋がりやすくなります。

この方のお仕事は厨房内で重い物を右から左への連続作業が腰への負担に繋がったと推測されました。

どんな施術をしたのか?

骨盤の調整

坐骨神経痛は、痛みやシビレがある所が直接の原因ではありません。

骨盤や背骨の歪みが原因で症状がでる場合が多いです。

初回の施術は、

側湾症の為、骨盤はかなり歪み強かったのですが、骨盤を緩めることで背骨も整い始めました。

この頃には吐き気かなり楽になられました。

頭、首、背骨、肩甲骨、股関節、足関節、全身調整

骨盤が整った事で、次に背骨、肩甲骨、首、股関節、足関節を調整。

最後に頭の調整を行い終了。

姿勢も良くなられていました。

施術の効果はどうなったのか?

2回目以降は…
初回より3日後に来院。
 
全体のバランスは思ったより整っている状態。

3回目以降は、週1回を3回 2週間に1回を2回 計7回で終了。

今は、趣味がジョギングのため、大きいなマラソン大会に出場の目標もあり、月1回のメンテナンスに通われてます。

院長からのコメント

坐骨神経痛の方へ

病院などでは、運動をしなさいと言われたりしますが、症状がきつい時には辛いです。軽い運動を行ったとしても症状が緩和するかもしれませんが、根本的には良くなりません。

根本的に良くするには、骨盤、背骨の歪み、猫背などを改善しないと痛みがまた出てきます。

今までも、側湾症からの坐骨神経痛のお客様も来られました。側湾症はかなりお体の歪みに影響がありますが、体全体のトータルバランスが整っていけば坐骨神経痛も肩こり吐き気も大丈夫になります。

坐骨神経痛でお困りの方は是非一度ご連絡をお待ちしています。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

 

今回の患者様の喜びの動画はこちら

-患者様の声(坐骨神経痛)

© 2021 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5