患者様の声(坐骨神経痛)

腰痛すべり症が楽になり、また思いっきりサッカーができます。

「すべり症の腰の痛みでサッカーができなくなってしまった」

10代のお客様。

普段は高校のサッカー部でサッカー付けの毎日で怪我などは日常茶飯事だったそうですが、今回は今までにない腰の痛みでサッカーが辛くなり整形外科を受診。

診断結果は脊椎分離すべり症と診断を受け整形外科に通われていました。

1ヶ月、2ヶ月と真面目に整形外科に通われていましたが思うように腰の痛みは楽にならずご紹介でお越しになられました。

結果はすべり症の腰の痛みは楽になられ今は思いっきりサッカーができると喜ばれています。

今回は、こちらのお客様の腰の痛みがどのように楽になられたのかを、お伝えさせて頂きました。

同じように腰痛でスポーツが出来なくてお悩みのあなたへ。

ご参考にして頂ければ幸いです。

来院の動機

母からすすめられて来ました。

お客様のお身体の状態はどうだったのか?

腰が伸びずかなり辛そうな状態でした。

問診より

今回の痛みで何か思い当たる原因はありますか?

ありません。

どのような動きで痛いですか?

歩いていても痛いし走ると激痛で走れません。

どの姿勢が楽ですか?

横になっている時が楽です。

検査

・左骨盤の後方変位で左仙腸関節の可動域制限あり。

・上部胸椎が拘縮。

・右股関節の可動域制限。

・左足関節の拘縮。

今回は何故、腰の痛みを引き起こしまったのか?

左足関節の拘縮が体のバランスを悪くし結果腰に痛みを引き起こしていました。

どのような施術をしたのか?

今回の腰痛に対してこの2つのポイントを徹底的に施術を行いました。

施術の2つのポイント

1,骨盤、背骨、頭蓋の調整

2、股関節、足関節の調整

施術の結果はどうだったのか?

初回はまず全身の歪みを調整し血液の循環を良くし腰の痛みを出している原因を探しました。

最終的には古傷であった右足関節が原因で腰の痛みを出していました。

今回は全身の歪みが複雑化していましてね!

施術回数は6回で、今は月1回のメンテナンスに通われています。

お客様からのコメント

まさか古傷の足首から腰が痛くなったとは思わなかったです!

日頃のセルフケアも教わりありがとうございました。

安心してまたサッカーができます。

今後もよろしくお願いします。

院長からコメント

山田竜矢

古傷からの影響で腰が痛くなることは多々あります。

慢性化した痛みは何処が原因かを探さなければなりません。

日頃の生活では最低限、しっかり睡眠をとり身体を冷やさないように心掛けるだけで痛みの出現もカバーできます。

ぜひ心掛けて腰痛予防に繋げて下さい。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

TOPに戻る

-患者様の声(坐骨神経痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5