患者様の声(腰部脊柱管狭窄症)

脊柱管狭窄症で痛くて歩けなくなる原因と改善法?

ある一定の距離を歩くと途中で急に歩けなくなる人がいます。

これは、病院で「間欠性跛行」(かんけつせいほこう)と言われる症状です。

今回は「歩行中に全く歩けなくなる原因」についてお伝えします。

一定の距離を歩くと、ふくらはぎなどに痛みやシビレで歩く事が徐々に辛くなり、少し休憩をすれば治まるので、また歩き続けると再び痛みシビレが現れるいう症状です。

脊柱管狭窄症で歩行中に全く歩けなくなる原因?

原因として血管性の(動脈硬化)で血流が悪くなって、足の筋肉に力が入らなくなって起こる場合と、神経性の神経が圧迫されて起こる場合の2種類の疾患が疑われます。

動脈硬化は、老化現象のひとつで、動脈硬化による「間欠性跛行」は珍しくありません。

脊柱管狭窄症で痛くて全く歩けなくなる改善法と予防法?

糖尿病や高血圧、高脂血症の人で、「間欠性跛行」の症状がある場合は動脈硬化の可能性がありますので、食生活”には注意が必要になります。

しかし、内科的な原因を除けば、「間欠性跛行」の多くの方は、骨盤が歪んでいます。

原因が歪みの場合であれば、”骨盤の歪み”を整えれば症状は治まります。

症状が治まれば、後は大股で歩くようにしてください。

膝の後ろを伸ばして歩く事により骨盤の歪みの予防になります。

モデルさんのようにさっそうと歩いてみてください。

今回の腰部脊柱管狭窄症「間欠性跛行」の症状で歩けなくなる、2つの原因が考えられます。

間欠性跛行の2つの原因

・血管性の問題

・神経性の問題

まとめ

山田竜矢

今回は腰部脊柱管狭窄症「間欠性跛行」の症状で歩けなくなる、2つの原因についてお伝えしました。

現在、腰部脊柱管狭窄症「間欠性跛行」の症状で歩くと痛くて、出歩く事も出来なくて辛いとお悩みの方は、是非一度ご参考にして頂ければ幸いです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる坐骨神経痛の痛みに効くストレッチ動画「坐骨神経痛を解消するため知っておくべき2つのストレッチ法」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「坐骨」とメッセージを送ってください。

 

TOPに戻る

-患者様の声(腰部脊柱管狭窄症)

© 2021 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5