患者様の声(慢性腰痛)

腰痛は温める?冷やす?どちらかご存知ですか?

腰が痛いけど、果たして温めるのか?冷やすのか?迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

結論は、どちらも間違いではありません。

しかし、腰痛によって使い分ける事が必要になります。

今回、腰痛の種類で、温めるのか?冷やすのか?の正しい使い方についてご紹介します。

温めるか?冷やすか?の見極め方

温めるか冷やすかは、腰痛の症状によって変わってきます。

それは、患部に炎症があるか?ないか?によるからです。

具体的にいうと…

急性腰痛(ぎっくり腰)

発症直後の強い痛みは患部に炎症が生じているため、冷やすことで炎症を抑え痛みを和らげてくれます。

逆に患部を温めると炎症がさらに増し痛みが強くなってしまう可能性も考えられます。

なので、先ずは患部を「氷嚢」「保冷剤」「濡らしたタオル」などで冷やして様子をみて下さい。

慢性腰痛

慢性腰痛の方の筋肉はガチガチに凝り固まって緊張している状態なので、血液の循環が悪くなっていると判断できます。

なので、血液循環をよくするために腰を温めて血流を促進し腰痛を楽にする方法として効果的だといわれています。

代用品として、手ごろなのが使い捨てカイロです。

腰周辺を温める場合はカイロを使用したり、ホットパックを活用してみて下さい。

全体を温めるならお風呂に浸かることです。

夏場の冷房や寒い季節の体を冷やさない事も大切です。

まとめ

山田竜矢

腰痛は、症状によって「温めたり」「冷やしたり」は使い分けが異なります。

使い方によっては症状が悪化することもあります。

もし判断が難しい場合は専門家の指示を受けることをおすすめします。

腰痛への正しい対処をしてください。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

TOPに戻る

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5