患者様の声(慢性腰痛)

腰痛と運動の関係とは?

運動をしていて腰の痛みで困ったことはありませんか?

今回は運動と腰痛の関係性についての内容と腰痛対策についてお伝えさせていただきました。

是非、ご覧ください。

どんな運動が腰痛になりやすいのか?

運動によって「捻ったり」「反らしたり」曲げたり」する運動が、腰の筋肉や関節などに負担がかかりやすいため、腰痛になる可能性も高まります。

痛みを我慢しながら運動を続けることによって、腰椎椎間板ヘルニアの症状がでることもあります。

運動で必ずしも腰痛になるわけではありません。

運動を頑張り過ぎると、身体全体のバランスが崩れ腰の筋肉や関節に負担がかかり結果、腰が痛くなることがあります。

ですから、運動後も身体のバランスが崩れ過ぎないようにすれば腰痛が出にくくなるわけです。

腰痛対策

先ずは、お風呂上がりなどに最低でも腰回りを重点的にストレッチすることで腰痛の予防になると考えられます。

負担がかかった筋肉、関節をストレッチで緩める事で体の歪み対策になり腰痛の出にくい状態にキープできると考えられるからです。

対策として、ストレッチがおすすめ。

まとめ

山田竜矢

運動中の腰痛は、身体のバランスを崩し筋肉や関節の負担だかかり過ぎると痛みとなり現れます。

腰痛対策としてお風呂上がりのストレッチや、他にマッサージや整体も有効です。

腰痛の状態が楽になられる方もいらっしゃいます。

 

今回は以上になります。

腰痛でお悩みの方は是非ご参考にして頂ければ幸いです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

TOPに戻る

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5