患者様の声(慢性腰痛)

腰痛改善には腹筋・背筋のバランスは必要か?

「腰痛は、腹筋・背筋のバランスが崩れることで発症する?」

これは腰痛の原因として今でも専門家の方が説明をされ、腰痛の考え方として今でもかなり浸透しています。そのため、腰痛患者様はやたらと筋肉を鍛える事が正しいと考えて過度に頑張り過ぎて逆に腰痛悪化になってしまう方もいます。

実際のところ腹筋、背筋のバランスが崩れるとはどのような状態なのかは不明です。

仮に腹筋、背筋のバランスが崩れたならばとてもまともに立っていられる状態ではない事が考えられます。

このバランス原因説はどこで誰が言い出されたのかわかりませんが、私自身、腰痛の方に筋力トレーニング(特に器具を使ったりと過度な運動)は必要ないと思います。そもそも筋力トレーニングができるくらいでしたら、深刻な腰痛はないでしょう。

高齢者は、どうなの?

現実、腹筋、背筋が弱い高齢者の方々でも腰痛でない、お元気な方も大勢おられます。

逆に、筋肉ムキムキのアスリートでも腰痛の方はいらっしゃいます。

次に、どうしても、ある程度の筋力をつけたい方の為に、腰に負担なく日常生活を過ごせるぐらいの腹筋、背筋をつける方法をお伝えします。

日常生活を過ごす位の腹筋、背筋をつける方法

腹式呼吸で腹筋、背筋をつける

 

1、まず良い姿勢で、できれば背もたれに背中をつけてキープ

2、次に、ゆっくり大きく鼻から息を吸いながらお腹を膨らませます。

3、次に口からゆっくり息を吐きながら腹を凹ませながら、お腹を背もたれに押し付けながら10秒位で息を吐ききってください。

できれば、これを1回3セットを1日3回行って下さい。

これだけでも、日常生活を過ごせるぐらいの腹筋、背筋をつける事ができます。

今回の腰痛改善には、腹筋と背筋のバランスは必要なのか?に対しては、この2つの考えをお伝えしました。

2つの考え

・腰痛には、腹筋、背筋のバランスは関係なく、逆に過度な腹筋、背筋のトレーニングが腰痛の悪化にも繋がります。

・日常生活程度の腹筋、背筋をつけたいとお考えの方は腹式呼吸法をマスターすれば十分です。

まとめ

山田竜矢

腰痛改善に腹筋、背筋のバランスは殆ど必要はありません。

今回の記事の内容が腰痛の方への参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5