患者様の声(慢性腰痛)

腰痛に効くテープ材と飲み薬、どちらが効果があるの?

今ではドラッグストアで簡単に購入ができる、テープ材と飲み薬の鎮痛剤。

今回は実際にテープ材と飲み薬では、どちらが腰痛に効果があるのか?についてお伝えさせていただきました。

テープ材と飲み薬の有効成分について

テープ材と飲み薬の成分は消炎鎮痛剤(NSAIDs)です。

作用は痛みを出させる元の物質を作らせない事で痛みを抑えます。

痛みや炎症の原因となるを物質を「プロスタグランジン」と言います。

効果はテープ材と飲み薬どっち?

テープ材の場合、直接貼ることでより早く患部に浸透しますが、有効成分が患部に留まる事はなく、皮膚から血液に入ってやがて全身に回ります。

飲み薬の場合は全身に回って患部に到達します。

どちらにしても最終的には有効成分は患部に入るわけです。

という事はテープ材も飲み薬も若干の時間差はありますが、たいして差はないという事です。

テープ材と飲み薬のリスクは?

消炎鎮痛剤(NSAIDs)成分は、痛み物質「プロスタグランジン」を抑える強い成分で、中には胃を荒らすなど胃腸の働きが悪くなります。

テープ材を貼り続け、飲み薬を飲み続けても腰痛が軽減するけど、また痛み出し慢性化する人が多いと思います。

中には何年と貼り続け何年と痛み止めを飲まれています。

これでは終わりがなく胃の働きが更に悪くなります。

腰痛打開策?

腰痛対策にテープ材、飲み薬を使用しても思うように楽にならなければ、ウオーキングやストレッチなどで筋肉を緩めることで、嘘のように腰痛が楽になった方もおられます。

テープ材や飲み薬は依存性が高いです。

張る、飲むことでの安心感があると思います。

少しづつでも良いので是非、運動を取り入れてみてはいかがですか?

まとめ

山田竜矢

腰痛にはテープ材や飲み薬は一時的に痛みを軽減させるための鎮痛剤で効き目は同じですが、根本から慢性腰痛を楽にすることはできません。

まだ運動を取り入れた方がリスクも少なく腰痛を楽にするには適しています。

本日は以上になります。

今回の内容が腰痛でお悩みのあなたへのお役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

TOPに戻る

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5