患者様の声(慢性腰痛)

立ち仕事で腰痛が良くなられた患者様

「コルセットが毎日必要だった…」

40代の女性

こちらの患者様は、企業のお弁当を作られている方で、2年前から腰痛に悩まされ整形外科ではレントゲン検査で異常がなくコルセットを作り湿布と鎮痛薬を処方され週に1~2回電気治療とマッサージの治療に1ヶ月通院。

腰の状態はあまり良くならず今度はお近くの接骨院に週2~3回1ヶ月通われ電気治療と整体を受けられていたのですが、こちらでも改善が見られず毎日痛い中、コルセットを巻きながらお仕事を頑張られてました。

ある時左足が痺れだし当院で良くなられたお知り合いの方に当院の事を聞かれた来院されました。

結果、腰痛は改善出来コルセットも巻かずにお仕事を頑張られてます。

今回こちらの患者様がどのように当院の施術で良くなられたのかを、同じ慢性腰痛でお困りの方の為にご説明させていただきたいと思います。

お身体の状態はどうだったのか?

腰から背中、全体の筋肉が固まっている状態でした。

*他に肩こり頭痛あり

検査

まず問診と検査でこちらの患者様の慢性腰痛の原因を見つけていきます。

検査したところ骨盤、股関節、背骨に問題がありました。

骨盤が前傾

骨盤が前傾して反り腰の状態でした。

反り腰だと太ももが張りやすく腰全体が重く感じるようになります。

股関節が硬く脊柱の異常硬結

股関節が硬く動きが悪い状態だと腰だけを使い過ぎてしまい腰に疲労が溜まり結果、腰が痛くなります。

今回、なぜ痺れを伴う慢性腰痛を引き起こしてしまったのか?

骨盤が前傾している為、股関節の動きが悪く太もも裏モモが張っている状態では腰ばかり使い過ぎるようになるので腰に負担がかかり過ぎてシビレを出す程の腰痛を引き起こしたと考えられました。

腰ばかりでなく背骨にもかなりの負担がかかっていて肩甲骨の動きも悪く肩こり首コリ頭痛と辛かった状態でした。

どんな施術をしたのか?

今回は、骨盤股関節背骨と大きな問題が見つかりこの3点を重点的に施術しました。

反り腰を正常に戻すため動きが悪かった仙腸関節の調整を行い、裏モモ太ももの筋硬結を取り次に背骨の歪みを調整して最後に股関節、足関節のバランス調整で初回は終了。

終わった後は正常の姿勢で立つことが出来て腰、背中の楽さを実感されてました。

このように3点、骨盤、股関節、背骨重点的に他の細かな筋肉、骨格のバランス調整施術を行っていきました。

施術の効果はどうなったのか?

2回目以降も全身バランス調整を徹底して施術をし3回目の施術終了時にはほぼ痛みシビレは無い状態まで回復されました。

1週間、2週間、3週間と間隔を空けながらの施術で合計6回で終了しました。

今ではコルセットも巻かずに元気にお仕事を頑張っておられます。

院長からのコメント

今回の患者様は立ち方からアドバイスをさせて頂き日頃のセルフケアをお伝えし、熱心に実行されてました。

おめでとうございます。体調も良くなられ良かったです。

慢性腰痛の方へのアドバイス

立ち方、座り方、身体の使い方など生活の中での疲労が溜まってくると痛みが出やすくなります。ご自分で出来るストレッチなどで疲れを溜めないようにしてください。

寝ても痛みや疲れが取れなくなってきましたらお身体の調整時期かもしれません。

お悩みの方は以下からお問い合わせくださいませ。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2021 もりやま整体院/腰痛としびれ専門院/名古屋市守山区/ Powered by AFFINGER5