患者様の声(産後の腰痛)

産前産後の腰痛から解放され育児が楽になられた患者様

「妊娠してるし腰痛でどうしたら良いのか分からなかった!」

そう話されたのは20代の患者様で最初は妊娠中の腰痛で来院され、後に産後にもまた腰が痛くなられた患者様でした。

最初の来院時は交通事故にあい、更に腰が痛くなり精神的にも凄く落ち込まれてました。

精密検査では胎児には影響なかったのですが腰の痛みは日に日に痛みが強くなり限界間近だったそうです。

2~3ヶ所、治療院を探されのですが、妊婦さんはお断りだったそうです。

今回、当院のホームページを見つけて頂いて来院。

結果は、妊娠中の腰痛も楽になられ無事にご出産され、ご出産後の育児疲れでの腰痛も良くなられ今は育児も楽と喜ばれてます。

今回、同じように産前産後の腰痛でお困りの方の為に当院でどの様な施術で良くなられたのかをご報告させていただければと思います。

お身体の状態はどうだったのか?

来院時は、お腹も大きく腰部と臀部、背部も筋硬直で立っていても座っていても腰からお尻、足まで全体が痛くお辛い状態でした。

検査

反り腰で骨盤は仙腸関節の動きが悪く、腰部や背部、太ももの筋肉も硬く、股関節、足関節の可動制限があり、身体全体の筋緊張がある状態でした。

反り腰と臀部の筋硬直

お腹が大きくなり身体のバランスをとろうとお尻に力が入り筋肉が硬くなります。

腰部と背骨の筋緊張

お尻の筋肉が硬くなるように、腰でも身体のバランスをとるため腰も筋肉が緊張しますし、背部も後ろに倒れないように猫背の姿勢になるので肩、首の凝りにもつながります。

股関節、足関節の硬さ

更に上半身のバランスを保つため下半身で踏ん張るので股関節、足関節の動きも悪くなり硬くなります。

なぜ腰痛を引き起こしてしまったのか?

妊婦さんは出産に向けて「リラキシン」という女性ホルモンの働きによって、骨盤の靭帯や恥骨結合が緩みだし骨盤が開いていきます。

またお腹が大きくなれば自然と腰を反るようになり身体のバランスをとろうとします。

このような状態になると骨盤が歪み腰部や臀部、背骨の筋肉が過剰に緊張し負担がかかり過ぎ、上半身を支えるため下半身で踏ん張りますので股関節も硬くなり動きが悪くなり腰、お尻の筋肉が自然と使い過ぎてしまい腰痛を引き起こしていました。

施術の結果はどうなったのか?

妊婦さんの為、楽な姿勢で施術を進めていきました。

仙腸関節の可動制限がありましたので毎回最初に骨盤の歪み調整から入り、骨盤を安定させていきました。仙腸関節を調整するだけでも「腰が楽です」と毎回話されてました。

骨盤が安定すれば、後は腰部、背部、首、股関節、足関節を施術調整し、お腹に負担がないようにセルフケアをお伝えして終了です。

この様に毎回前回との関節の動き、筋緊張をチェックして施術を進めていきました。

結果、ご出産ギリギリまでお越しになられ、腰痛は改善し計7回で終了し無事にご出産されました。

ご出産の腰痛は5回の施術で終了しました。

産前産後の腰痛の方へ

まず飲み薬は医師との相談が必要です。

シップに関しても非ステロイド性消炎鎮痛薬が含まれている物もあり胎児に影響がでるといけないので、やはり医師との相談が必要です。

マッサージを受けられる場合はマタニティ専門を選んでください。

寝るときの姿勢は基本は楽な姿勢で、筋肉が硬くなって血液の循環が悪くなることで症状が強くなることもありますので、長時間同じ姿勢は避けてください。

身体、特にお腹周りは脂肪も多く血行も悪くなっていますので、冷やさないでください。

以上になりますが、妊娠中と産後の腰痛でお困りの方はご連絡をお待ちしています。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

 

-患者様の声(産後の腰痛)

© 2021 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5