患者様の声(慢性腰痛)

腰痛と便秘の関係ってご存知ですか?

腰痛で今一腰が楽にならない方は便秘で悩まされてはいませんか?

ひょっとして便秘が原因の腰痛かもしれません。

今回は「”便秘が関係している腰痛”」についてお伝えさせていただきます。

便秘が原因の腰痛とは?

まず、便秘で腰痛を引き起こすことを覚えておいてくださいね。

腰痛の原因が関節や筋肉だけではありません。

便秘が腸内のS状結腸部分が癒着すると大腰筋(お腹の中にある姿勢を保つための筋肉)が腰に負担がかかり腰痛が発生します。

身体の中で腰痛を引き起こすことがあるわけです。

腸内をケアすることが腰痛の解決に繋がることも考えられます。

便秘を解消する食材とは?

便秘で腰痛の人は、便秘改善のために食生活の見直しをしてみてください。

見直して摂って頂きたい食品は「発酵食品」「食物繊維」になります。

 

●発酵食品は、乳製品・野菜・果物・豆類・穀物・魚介類・肉類、などの種類があります。

 

●食物繊維は「水溶性」「不溶性」の2つがあります。

水溶性は水に溶けるタイプの食物繊維で、柔らかい便を作る動きがあります。

トマトや人参、キャベツなどの野菜、ミカン、リンゴなどの果物、海藻類やこんにゃくなどを積極的に摂取したい食品です。

 

不溶性食物繊維は水に溶けないタイプで、腸の蠕動運動を活性化させ、便通をようくしてくれます。

食品は、キノコ類や大豆、ごぼう、芋類、きのこ類、穀物などの多く含まれています。

とっておきの、おすすめの便秘解消法とは?

「”重曹で便秘解消を!”」

重曹と聞くと、「重曹=掃除」のイメージがあるかと思いますが、重曹は食品としても万能です。

重曹とは、炭酸水素ナトリウム”のことなんです。

重曹は弱アルカリ性の性質で、人間の身体も弱アルカリ性でできていて、そのため、体の中を弱アルカリ性に保つため、重曹は効果的なんですね。

重曹を摂取することで、便秘解消胃腸を改善し、また疲労回復などの効果があり、体にはいいことずくめなんです。

 

重曹水の作り方。

先ずお水200mLに重曹を小さじ1/2(約1g)

重曹を、水に溶かすだけです。

飲みにくい場合は冷蔵庫で冷やすと飲みやすくなります。

更にクエン酸小さじ1/2(約1g)を入れれば、炭酸水となり飲みやすくなり、

また、ハチミツを小さじ1~2杯を入れて飲むと甘味があり、更に飲みやすくなります。

お好みに合わせて是非お試しください。

朝の寝起きや食前、お腹が空いたときなどに、数回に分けて飲むようにしましょう。

 

注意点

重曹には塩分が含まれているため、飲み過ぎると塩分を摂り過ぎてしまったり、胃腸の働くが促進されるため、下痢を起こす場合があります。

重曹の摂取は1日5gまでにしてくださいね。

まとめ

山田竜矢

今回は腰痛と便秘の関係性についてお伝えさせて頂きました。

便秘の方で腰痛持ちの方は一度、便秘を解消することをお考えください。

便秘を解消すると腰痛が楽になるかもしれません。

今回の内容は特に便秘の解消を重点的にお伝えしました。

是非お試しいただいてご参考にして頂ければ嬉しいです。

腰痛が楽になるように願っています。

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

追伸

【最後にここまで読んでいただいたあなたにプレゼント!】

自宅でもできる腰痛に効くストレッチ動画「たったこれだけ!腰痛を解きほぐすシンプルストレッチ」をプレゼント。 簡単にできる方法をご紹介しているので、しびれや痛みにお悩みの方はぜひお試しください。 ご希望の方は下のボタンをクリックしてLINEで「腰痛」とメッセージを送ってください。

TOPに戻る

-患者様の声(慢性腰痛)

© 2022 腰痛としびれ専門 | もりやま整体院 | 名古屋市守山区 Powered by AFFINGER5